「母子健康手帳」は、すべて保健師等がお渡ししています

更新日:令和2(2020)年6月25日(木曜日)

ページID:P002389

【新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ】

  新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、マスク着用・換気・アルコール消毒等可能な限りの感染防止策を講じ、時間短縮に努めながら実施しております。

 来所の際には、事前に体温の測定をお願いします。発熱・風邪症状等がある場合は日を改めていただき、体調のよい日にお越しください。なお、妊婦ご本人様が窓口来所することに不安と感じている場合、代理の方の届出も可能です。

母子健康手帳の交付について

妊娠の届出をした方に、母子健康手帳を交付しています。母子健康手帳は、お母さんと赤ちゃんの健康状態を記録するためのものです。
病院へ行き、出産予定日がわかりましたら、早めに妊娠の届出をし、母子健康手帳を受け取りましょう。
妊娠中は、医療機関などで必ず健康診査を受けましょう。

(注)標準的な妊婦一般健康診査の実施時期・回数について

  • 妊娠初期~妊娠23週まで (4週間に1回)
  • 妊娠24週~妊娠35週まで (2週間に1回)
  • 妊娠36週~出産まで (1週間に1回)

母子健康手帳(本体)

妊婦健診の記録から出産、赤ちゃんの発育記録、予防接種記録などがあり、就学前までのお子さんの健康記録として活用するものです。 母子健康手帳

別冊

(注)詳しくは、別冊の中の説明をお読みください。

妊娠の届出に必要なもの

 妊娠届出書に出産予定日、診断を受けた医療機関・助産所名の記入欄がありますので、ご確認の上、お越しください。

 平成28年1月1日から番号法により、妊娠の届出に際し、妊婦本人の個人番号(マイナンバー)を記載していただくようになりましたので「(顔写真がある)マイナンバーカード」または、「有効な通知カード(※)と身分証明書(免許証やパスポートなど)」をご持参ください。

マイナンバー制度による情報連携の開始について

【妊婦本人が届出をする場合】
・「妊婦本人の個人番号カード」 または 「有効な通知カード(※)と身分証明書(免許証やパスポートなど写真付きのものは1点、保険証や年金手帳など写真付きでないものは2点)」

【代理人が届出を行うこともできます】
原則として妊婦本人の届出となりますが、やむを得ない理由で妊婦本人が来所できない場合は、代理人が届出を行うこともできます。その際には、代理人の方へ妊婦さんに関するお話を伺います。
また、後日改めて妊婦本人へご様子を伺うお電話をすることがありますので、必ずご対応くださいますようお願い致します。

・妊婦本人の個人番号がわかるもの(個人番号カード、有効な通知カード(※)、個人番号が記載された住民票の写しなど)
・代理人の身分証明書(個人番号カードや免許証、パスポートなど写真付きのものは1点、有効な通知カード(※)や保険証など写真付きでないものは2点)
委任状(PDF形式 101キロバイト)(こちらからダウンロードできます。)

※住所・氏名・性別・生年月日すべてが住民票に記載の事項と一致しているもの。

(注)市販の妊娠判定薬で、妊娠の判定が(+)になった時は、母子健康手帳の交付を受ける前に、早めに医師や助産師の診断を受けましょう。母子健康手帳交付の前に、今後の出産に向けて、正常な妊娠であるかどうかを確認してもらうことが大切です。(妊婦健康診査の公費負担は、初回受診の妊娠判定検査及びこれに伴う診察は対象となりません。医療機関や助産所で診断を受けてから届出をお願いいたします。) 

妊娠の届出・母子健康手帳の交付場所

下記の船橋市役所1階、中央・東部・北部・西部の各保健センター、船橋駅前総合窓口センター(フェイスビル5階)にて交付しております。
各保健センター等ですべての妊婦さんに保健師等がお会いして、妊娠出産支援プランの作成や必要なサービスのご案内など、安心して出産や子育てに臨めるよう寄り添ってお手伝いさせていただきます。母子健康手帳の交付とあわせて40分程度のお時間をいただいております。

妊娠の届出・母子健康手帳の交付場所
交付場所 時間

船橋市役所1階
(母子健康手帳交付コーナー)

中央保健センター

東部保健センター

北部保健センター

西部保健センター
月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
(注)休日・祝日は除く

船橋駅前総合窓口センター
(フェイスビル5階)

10番窓口(母子保健担当)

新型コロナウィルス感染拡大を防止するため、船橋駅前総合窓口センターの業務時間を縮小し、臨時休館日を設けております。詳しくはこちらをご参照ください。

月曜日~金曜日 午前9時~午後8時

祝日および第2・第4土曜日とその翌日の日曜日
午前9時~午後5時

(注)午後5時以降や土曜日は、窓口が混雑する場合があります。ご了承ください。

船橋市に転入される方

船橋市へ転入されたら、船橋市民用の別冊に交換が必要です。

必要な持ち物

母子健康手帳 他市の別冊

別冊を交換できる場所

船橋市から転出される方

船橋市から市外へ転出される方は、転出されたその日から船橋市発行の受診票は使用できません。
転出先の自治体で新たに受診票の交付を受けてください。
交付方法等は自治体により異なります。転出先の自治体窓口(市町村)へお問合せください。

千葉県以外の医療機関で受診される方へ

「別冊」についている妊婦一般健康診査受診票を使用する場合は、医療機関と船橋市との契約が必要になります。
詳しくは「千葉県外の医療機関で受診される方へ」をご覧ください。

お問い合わせ

中央保健センター 047-423-2111
東部保健センター 047-466-1383
北部保健センター 047-449-7600
西部保健センター 047-302-2626

(注)047-4XX の電話から西部保健センターへは、市外局番からおかけください。

この記事についてのお問い合わせ

保健所地域保健課

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55(保健福祉センター2階)

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。