とびはくの【有料ワークショップ】作品例

更新日:令和元(2019)年9月10日(火曜日)

ページID:P072835

とびはくで開催している有料ワークショップの中から、作品を一部ご紹介します。

エコクラフトで作ろう 犬のストラップ

現代と同じく、縄文時代も犬は人間の大切な仲間でした。エコクラフトを使って、立体の犬のストラップを作ります。
犬のストラップ

石を使った勾玉(まがたま)作り

勾玉は、装飾品として、縄文時代にも存在しました。滑石(かっせき)というやわらかい石をやすりで削り、形を仕上げていきます。
石の勾玉

かご作り・初級

エコクラフトを使って、底も円形に編んでいきます。ツルなどでかごを編んだ縄文人のように、便利なかごを編んでみましょう。
かご作り初級

エコクラフトで作ろう フルーツ&バスケット

色付きのエコクラフトを使って、果物とそれを入れるバスケットを編みます。縄文時代の遺跡からはブドウのタネも出てきているんですよ。
フルーツ&バスケット

粘土でミニ土器・土偶を作ろう

縄文人は小さな土器も作っていて、遺跡から発見されることがあります。土器だけでなく、ミニ土偶作りにチャレンジすることもできます。文様もつけて、オリジナルの土器や土偶を作ってみませんか。
ミニ土器

この記事についてのお問い合わせ

飛ノ台史跡公園博物館

〒273-0021千葉県船橋市海神4-27-2

受付時間:午前9時から午後5時まで ※入館は午後4時30分まで 休業日:(月曜日)、(祝日) (休日)の翌日((土曜日) (日曜日) を除く。5月3日から5日は開館)、12月29日から1月3日まで

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。