≪令和4年度≫家庭用燃料電池システム(エネファーム)に係る補助の要件

更新日:令和4(2022)年4月1日(金曜日)

ページID:P102950

設備の要件

家庭用燃料電池システム(エネファーム)

燃料電池ユニット並びに貯湯ユニット等から構成され、都市ガス、LPガスなどから燃料となる水素を取り出して空気中の酸素と反応させて発電し、発電時の排熱を給湯等に利用できるもののうち、国が平成25年度以降に実施する補助事業における補助対象機器として、一般社団法人燃料電池普及促進協会の指定を受けているものであること。

 <対象設備の確認はこちらを参考にしてください>

  • 補助対象設備の設置要件

    補助対象設備の設置期間

    注文(新築)住宅または既築住宅に設置する場合
    ・設置工事開始日が令和4年4月1日以降かつ申請日までに設置が完了していること

    補助対象設備が設置されている建売住宅を購入する場合
    ・令和4年4月1日以降かつ申請日までに住宅の引き渡しが完了していること

    補助対象の要件

    • 市内の住宅(店舗併用含む)に対象設備を設置した、または対象設備が設置された市内の住宅を購入した方。
  • このページについてのご意見・お問い合わせ

    環境政策課 ゼロカーボンシティ推進室

    千葉県船橋市湊町2-10-25

    受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

    有料広告欄 広告について
    • 株式会社ユウマペイント
    • バナー
    • バナー