発熱・咳・のどの痛みなどの症状が出たら

更新日:令和4(2022)年5月25日(水曜日)

ページID:P097330

 「まさか自分が感染しているはずがない」と医療機関を受診せず、周りに感染を拡げてしまったケースが多く見受けられます。
人によって症状の程度も異なるため、少しでも体調が悪い場合は早めの受診や相談を心がけてください。

目次

  1. 症状が出ている場合の相談先
  2. 医療機関を受診する際の注意点
  3. 医療機関の予約がとれない場合
  4. 検査を受けた方へ陽性だった場合陰性だった場合

1.症状が出ている場合の相談先

相談する優先順位は次の順番です。

(1)身近な医療機関にご連絡ください

日ごろ通院している医療機関(かかりつけ医)か、ご自宅の近くにある医療機関に電話で相談をしてください。
その際、症状があることを伝えてください。

(2)千葉県がまとめた発熱外来指定医療機関の一覧を参考に、医療機関にご連絡ください

かかりつけ医等の身近な医療機関がない、または休診日の場合は、発熱外来指定医療機関の一覧を参考に、医療機関に電話で相談してください。
船橋市内の発熱外来指定医療機関の一覧はこちら(PDF)
千葉県内の発熱外来指定医療機関の一覧はこちら(千葉県ホームページ「熱があるときは」)。

(3)船橋市新型コロナウイルス感染症相談センター(047-409-3127)までご連絡ください

発熱外来一覧を確認できない場合や相談先に困った場合はご連絡ください。ご自宅の近くの医療機関などをご案内します。

(4)千葉県発熱コールセンター(0570-200-139)までご連絡ください

早朝や夜間など、船橋市新型コロナウイルス感染症相談センターの受付時間外の場合はご連絡ください。

2.医療機関を受診する際の注意事項

  • 事前に必ず電話で医療機関に連絡してください。
  • 医師が新型コロナウイルス感染症を疑い、検査が必要と認めた場合に、PCR検査や抗原検査を実施します
  • 受診の際には必ず健康保険証を持参してください。医師が検査を必要と判断した場合は、検査費用は無料(公費負担)ですが、別途初診料等の負担が発生します。
  • 検査結果が「陽性」で感染していることを医師が認めた場合は管轄保健所に「発生届」が提出されます。
  • 同居家族等の濃厚接触者で、新型コロナウイルス感染症の症状が認められる場合は、医師の判断により検査を行うことなく「疑似症(みなし陽性)」と診断されることがあります。

3.医療機関の予約がとれない場合

感染状況等により、医療機関の受診の予約がとりにくい場合があります。

「千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配布・陽性者登録センター」が配付する検査キットによる検査(千葉県実施事業)

「軽症者(重症化リスクの低い方)」、「50歳未満」「基礎疾患がない」などの要件を満たす方を対象に、検査キットを無料で配付しています。医療機関を受診することなく、自ら検査し、陽性者の登録を行う仕組みです。

対象

軽度の有症状者、または濃厚接触者(無症状者含む)で、次の要件をすべて満たす県内在住者

  • 50歳未満
  • 基礎疾患(慢性閉塞性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患)及び肥満(BMI30以上)のない方
  • 妊娠されている可能性のない方

検査キットの配付

検査を希望する場合は「千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配布・陽性者登録センター」に申請を行い、送付された抗原検査キットにより自分で検査します。
無症状の濃厚接触者の方は、のどの痛み等の症状がみられるなど、少しでも気になる症状が現れた場合に検査キットを使用してください。

検査結果

検査結果を「千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配布・陽性者登録センター」に登録します。
登録情報を基に医師が陽性者であることを確認し発生届の作成・提出を行います。

千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配布・陽性者登録センターでは薬の処方などは行いません。診療が必要な場合は、医療機関にご相談ください。

詳細は「千葉県新型コロナウイルス感染症検査キット配布・陽性者登録センターについて」(千葉県ホームページ)をご確認ください。

4.検査を受けた方へ

結果が出るまで感染しているかわかりません。公共交通機関の利用を避けて、ご自宅でお過ごしください。

検査を受けた後の流れ

検査を受けた後の流れ

検査結果が「陽性」だった場合

(1)保健所から連絡があります(保健所からの最初の連絡)

  • 保健所からの連絡は、保健所が医療機関より届け出を受けてからになります。
    (感染状況により、医療機関から届け出を受けた当日中に連絡できない場合があります)
  • 保健所からの最初の連絡の際に症状等の聴き取りを行います。
  • 表示される保健所の電話番号は、連絡ごとに番号が変わる場合非通知設定となる場合がありますが、必ず応答をお願いします。
  • 応答がない場合は、安否確認のため、職員がご自宅に訪問させていただくことがあります。
症状等の聴き取り項目(主なもの)
下記の項目にすぐに回答できるよう事前の準備にご協力をお願いします

項目

内容

氏名

漢字・読み方

性別・生年月日

住所

居住実態のある住所(住民票の有無問わず)

現在(数日間)の症状

○○日から○○度の発熱(または咳・味覚症状・倦怠感)
○○日から息苦しさがある、胸が痛い など

持病の有無

糖尿病、呼吸器疾患(喘息・COPDなど)、腎疾患、心疾患、血液疾患、悪性腫瘍、アレルギー など

家族の構成・同居人の有無

父、母、弟と同居 や 友人と同居 など

職業(学校)

会社員、アルバイト、学生などの属性や職場名や学校名

行動歴(発症2日前から)

友人や同僚など飲食、旅行などの有無やその状況

感染者との接触歴

感染者と飲食を共にしたことがあるなど、接触時の状況

(2) 療養場所が決まります

  • 保健所医師の判断のもとに療養の方針を決めています。症状や重症度、基礎疾患の有無等に応じて、自宅療養、宿泊療養、入院のいずれかの方法をご案内します。
  • 新型コロナウイルス感染症の重症度の分類において、呼吸器症状(肺炎・息苦しさ)があらわれていない場合には、39度前後の高熱があっても「軽症」と診断されます。
自宅療養

療養期間中、保健所が健康状態の確認をします。自宅療養についてはこちらをご覧ください。

宿泊療養

宿泊療養施設には、保健所の管理の下、保健師又は看護師及び運営スタッフが常駐しています。また、医師が24時間オンコールで対応する体制を整備しています。宿泊療養についてはこちらをご覧ください。

入院

保健所が指定した医療機関で入院治療を受けていただきます。

検査結果:「陰性」だった場合

  • 引き続きマスクの着用や、手洗い・手指消毒などの励行に努めるなどして、感染予防に気をつけながら、これまで通りの生活を送っていただいて構いません。
  • 熱や咳などの症状がある方は、症状が軽快するまでは外出を控え、人と会うことを控えてください。症状が悪化した場合は、かかりつけ医に電話で相談し指示を受けてください。

関連するその他の記事

有料広告欄 広告について
  • 株式会社リンクス・ビルド
  • バナー
  • バナー