新型コロナウイルスワクチン接種証明書の発行について

更新日:令和3(2021)年12月20日(月曜日)

ページID:P094022

新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

新型コロナウイルスワクチン接種証明書とは

予防接種法に基づいて市区町村で実施した新型コロナワクチンの接種記録等を、接種者からの申請に基づき交付するものです。
【重要】
令和3年12月20日より国内利用を目的とした発行が可能となりました。
・国内利用においてはワクチン接種後に渡される接種済証・接種記録書が、接種の事実を確認する証明書類として引き続き利用できます。

接種兼サンプル接種記録書サンプル
   
  (接種済証サンプル)              (接種記録書サンプル)

【紙の接種証明書をご希望の方】
・申請書を保健所で受理してから発行まで1~2週間ほど時間を要します。切手を貼った返信用封筒(25g以内で84円切手)のご用意を必ずお願いします。
・発行処理や接種記録の確認のために一定のお時間をいただいております。個々の都合による発行日の指定は受けかねますので、利用日までの期間に余裕を持ったご申請をお願いします。

・令和3年12月1日発行分より証明書の様式が変更されましたが、11月30日以前に発行された接種証明書も同様に利用できます。

接種証明書のデジタル化について

令和3年12月20日より、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書のデジタル化が開始となります。マイナンバーカードを使用し、スマートフォンにインストールした専用アプリからご自身の接種証明書を表示することができます。
厚生労働省ホームページ(新型コロナワクチン接種証明書について)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

デジタル庁ホームページ新型コロナワクチン接種証明書アプリ(インストールはこちらから)
https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

※接種記録に不備があり、アプリによる接種証明書の取得ができなかった場合や、取得した際に接種証明書の情報がお手元の接種済証や接種記録書と異なる場合は、下記の船橋市新型コロナウイルスワクチン接種・相談特設コールセンターへお問い合わせください。

接種証明書利用可能国について

利用が可能となる対象国・地域及びその緩和措置については、外務省のウェブサイトにて情報を公開しております。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
(外務省、海外安全ホームページ)

申請対象者

船橋市が発行した接種券(クーポン券)で接種を受けた方。
※船橋市内の医療機関等で接種した他市の住民の方は、居住地の市区町村にて申請手続きをしてください。船橋市では発行できません。
※船橋市が発行した接種券で1回目の接種を行い、接種後に引っ越し、転入先のA市が発行した接種券で2回目の接種を行った場合は、1回目の証明は船橋市で発行できますが、2回目の証明はA市での発行となりますので、各々の市区町村へ証明発行申請を行ってください。
※接種記録書をお持ちの医療従事者の方は、住民票所在地へ申請してください。

申請にあたっての注意事項

・接種記録を確認する必要があるため、申請から(申請書が保健所に届いてから)発行まで1~2週間ほど時間を要します。
※新型コロナワクチン接種済証・新型コロナワクチン接種記録書等接種確認ができる書類がない場合、前述の期間より発行に時間を要する場合があります。
・書類に不備があった場合に、申請者に連絡する場合がありますので、必ず申請書に日中繋がる連絡先(普段利用する携帯番号など)を記載してください。
・接種証明書は全国共通の様式です。レイアウト変更や押印の希望にはお応えできません。

申請受付方法

(1)スマートフォンでデジタル版の接種証明書を申請する場合(マイナンバーカード必須)

デジタル庁ホームページ新型コロナワクチン接種証明書アプリ
https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert
こちらをご確認ください。

(2)紙の接種証明書を申請する場合
郵送で申請書類を提出いただき、返信用封筒により書面で交付します。
【申請先】
船橋市保健所2階健康づくり課(〒273-8506 船橋市北本町1-16-55)
※窓口での即日発行はできません。
※市役所本庁舎・出張所・連絡所・船橋駅前総合窓口センター(FACEビル5階)では受付できません。
※新型コロナウイルス感染症の予防のため、当面の間郵送での受付のみとさせていただきます。

紙の接種証明書を申請する際に必ずご用意いただくもの

1.返信用封筒

返送先を記入の上、必要料金分の切手を必ず貼ってください。(25グラム以内であれば84円)
・郵送事故等の責任は負いかねますので、心配な方は、簡易書留分の切手の貼付をお願いします。
・速達をご希望の場合、必要料金分の切手を貼り、縦長の封筒であれば右上部に、横長の封筒であれば右側部に、赤い線を引いてください。
※返却書類(接種済証や接種記録書の原本等)があるとその重さが加わります。切手の料金が不足する場合には不足分の切手をお送りいただく必要があります。通常より時間がかかる要因になりますのでご注意ください。

2.申請用紙

新型コロナウイルスワクチン接種証明書交付申請書

新型コロナウイルスワクチン接種証明書交付用委任状(代理申請の場合のみ)

申請書は上記リンクから印刷してご利用ください。印刷ができない場合は、下記項目を便せんなどにご記入ください。

  1. 接種証明書交付希望の旨
  2. 申請者の氏名 ・フリガナ
  3. 申請者の電話番号(日中連絡のつく連絡先)
  4. 接種対象者の氏名・フリガナ
  5. 申請者と接種対象者の関係
  6. 接種対象者の電話番号(日中連絡のつく連絡先)
  7. 申請する接種証明書の種類((1)海外及び日本国内用 (2)日本国内用のみ) 

3.旅券(パスポート)の写しまたはその他本人確認書類の写し

(1)海外及び日本国内用の場合:旅券番号・姓名・国籍・顔写真の記載のあるページが必要です。
 ※有効期限内であることを必ずご確認ください。

(2)日本国内用のみの場合:本人確認書類(免許証等)

4.接種の事実が確認できる書類の写し

下記いずれかの写しが必要です。
 ・接種券(クーポン券)右側のワクチンシールの貼られた「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」
 ・新型コロナワクチン接種記録書
 ・予診票の写し
※追加(3回目)接種時の接種券には1,2回目の接種記録が記載されている接種記録欄があり、そちらで確認できればそちらでも可能です。
※上記書類を紛失された場合にはマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカードやマイナンバーが記載された住民票の写し等)または住所記載の本人確認書類の写しが必要です。

場合によってご用意いただく必要のあるもの

旧姓・別姓・別名の併記がある旅券をお持ちの場合

旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合には旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類を添付してください。

送付先が住民票所在地と異なる場合

被接種者の所在(送付先)が確認できる資料の写し(施設入所の契約書、入院証明書等)

送付先が船橋市外の住民票所在地の場合

住所記載の本人確認書類の写し

代理人による請求の場合

被接種者本人の自署による委任状および代理人の本人確認書類

発行手数料

政府の方針により当面の間、無料となります。

問い合わせ先

申請手続きに関するお問い合わせ先

○船橋市新型コロナウイルスワクチン接種・相談特設コールセンター
電話番号:050-5526-1142
対応時間:8:00から17:00(平日・土日祝日を含む)
※おかけ間違いにご注意ください。
※一度かけてつながらない場合には、時間を空けておかけ直しいただくようお願いいたします。

その他接種証明書に関するお問い合わせ先

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120-761-770
対応時間:9:00から21:00(平日・土日祝日を含む)

(既に接種証明書をお持ちであれば、新しい様式での交付を申請いただく必要はありません)

ファイルダウンロード

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。