アクティブシニア介護予防補助金 令和2年度の申込受付について

更新日:令和2(2020)年4月1日(水曜日)

ページID:P052624

アクティブシニア介護予防補助金は、地域で介護予防に取り組む皆さまを応援するため、体操(下記の補助対象となる介護予防活動を参照)を継続的に行っていただけるよう高齢者の団体に活動経費を補助します。

既に地域で体操を行っている団体や、主に文化活動などをしているが、今後体操を取り入れたい団体、また、新たに地域の仲間と体操の活動をしたい団体などが対象です。

なお、令和2年度の当補助金の申請につきましては、新型コロナウイルス感染症の収束の目途が立ち次第、受付時期についてお伝えいたします。

 補助対象となる介護予防活動

運動器の機能向上を目的とした、1回あたり30分以上行われる体操で、主に以下のものが対象です。

(1)健康体操(2)介護予防体操(3)ストレッチ体操(4)リズム体操(5)バランス体操(6)ヨガ(7)ピラティス(8)気功(9)太極拳(10)3Q体操(11)3B体操(12)フリフリグッパー体操(13)ふなばしシルバーリハビリ体操(14)その他、介護予防に資することが期待される体操

対象となる団体

  • 参加者の8割以上が65歳以上の市民
  • 市民10人以上で構成された団体
  • 体操を週1回以上、定期的かつ継続的に行う団体  
  • 団体のメンバー以外の方の参加を受け入れることが可能な団体など

※新型コロナウイルス感染症について収束するまでの間、各団体様への活動を自粛していただくことへのご理解、ご協力をお願いいたします。なお、当該この期間の活動自粛については、上記”対象となる団体”のうち「体操を週1回以上、定期的かつ継続的に行う団体」の条件には反しないことといたします。

※このほかにも条件がありますので、詳細は募集要項でご確認ください。

※令和元年度および平成29年度、30年度アクティブシニア介護予防補助金活用団体の一覧は、下記「令和元年度および平成30年度アクティブシニア介護予防補助金活用団体」をクリックするとご覧になれます。
令和元年度および平成29年度、30年度アクティブシニア介護予防補助金活用団体

補助対象の経費

  • 介護予防活動を行うために使用する会場の使用料
  • 介護予防活動を行うために必要な消耗品の購入など
補助対象の経費
補助限度額 補助率上限
10万円 補助対象経費総額の80%以内

 申請の方法

令和2年度の申請受付は、新型コロナウイルス感染症の収束の目途が立ち次第、受付時期についてお伝えいたします。

申請書類は下記の添付ファイルよりダウンロードください。

問い合わせ先:健康づくり課 介護予防推進係 ☎047-409-3817

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

保健所健康づくり課 (介護予防推進係)

〒273-8506船橋市北本町1-16-55 船橋市保健福祉センター

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

有料広告欄 広告について
  • 株式会社リンクス・ビルド
  • バナー
  • バナー