船橋市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)

更新日:平成29(2017)年11月17日(金曜日)

ページID:P020682

1 趣旨

船橋市では、平成20年3月に「船橋市地球温暖化対策地域推進計画」を策定し、平成21年3月に「船橋市地球温暖化対策地域協議会」を立ち上げ、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量が少ない低炭素都市の構築を目指し、市民・事業者・行政が一体となって、地球温暖化対策に取り組んでいます。

この度、平成20年3月の「地球温暖化対策の推進に関する法律」の改正を受け、推進計画を改定し、「船橋市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を策定いたしました。この実行計画は、推進計画の考えを引き継ぎ、かつ、平成23年3月に見直しを行った「船橋市環境基本計画」の理念を尊重した内容となっています。

2 策定の経過

実行性のある計画とするため、学識経験者・市民・事業者等で構成される策定委員会を設置して検討しました。また、素案を公表し、説明会やパブリック・コメントを実施し、可能な限り市民・事業者の意見を取り入れて策定しました。

3 概要

目標

中期目標 平成32年度に、温室効果ガス排出量を平成2年度比で30%削減します。
長期目標 平成62年度に、温室効果ガス排出量を平成2年度比で50%削減します。

温室効果ガス排出の現状

平成20年度の船橋市の温室効果ガス排出量は4,401千t-CO2であり、基準年である平成2年度比で25%削減されています。

施策の柱

以下の8つの施策を大きな柱に設定し、各主体の取り組みについて具体的に示しました。

  1. 再生可能エネルギーの導入促進
  2. 省エネの推進
  3. 設備・機器の無駄のない使用
  4. 環境教育・啓発活動
  5. 実態把握と公開
  6. 輸送に関するエネルギー消費量の削減
  7. 緑の保全
  8. 循環型社会の形成

地球温暖化対策の推進

計画を策定(Plan)、計画を推進・実施(Do)、取組や目標値の点検・評価(Check)、見直し(Action)という4つの段階を繰り返し行うことで、継続的改善を行いながら進めていきます。
船橋市地球温暖化対策地域協議会を中心とする市民・事業者・市等の連携体制により各主体の取り組みを進めます。点検・評価は、個別の指標について確認するとともに、現在3年に一度実施している市民意識調査を行います。評価の結果について地域協議会に報告し、協力を求めていくものとします。また、国・県等の上位計画が大きく変わった場合、社会情勢が大きく変わった場合など、必要に応じて計画の見直しを行います。

公表

温対法第20条の3に基づき、毎年1回、温室効果ガスの排出量を算定し、公表します。

4 内容

船橋市地球温暖化対策実行計画(区域施策編) (概要版)(PDF形式1,987KB)

船橋市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 温暖化対策係

千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。