感染症集団発生時の対応と報告について

更新日:令和元(2019)年8月6日(火曜日)

ページID:P070803

 感染症の感染拡大を防止するためには、発生状況を正確に把握し、早めに対応することが重要です。

 社会福祉施設等においては、平常時から利用者等の健康状態を観察し、ベースラインを把握することが必要です。継続的な観察により、発症者が平常時より増加していることを早期に探知することができます。チェックリスト(平常時)等を活用して、定期的に施設内の感染対策を確認しましょう。

 また、施設内で感染症を疑う症状がある者が1例でも発生したら、集団感染を疑って発生状況を確認してください(様式2発生状況報告用紙 参照)。発生時においては、随時、チェックリスト(発生時)等を活用して、施設内の感染対策の確認を行うことも必要です。

保健所への報告について

 船橋市に所在する社会福祉施設等において、感染症等が集団発生した場合は、下記報告基準を確認の上、保健所へ報告してください。

保健所への報告基準

1.厚生労働省通知に基づき、発生状況が下記ア~ウに該当する場合

ア. 同一の感染症若しくは食中毒による又はそれらによると疑われる死亡者又は重篤患者が1週間以内に2名以上発生した場合

イ. 同一の感染症若しくは食中毒の患者又はそれらが疑われる者が10名以上又は全利用者の半数以上発生した場合

ウ. ア及びイに該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症等の発生が疑われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合

2.上記に関わらず、重症者や死亡者が1例でも発生した場合

連絡先 

船橋市保健所 保健総務課 結核感染症係

TEL 047-409-2867

FAX 047-409-2952

※夜間休日は、上記に電話すると船橋市保健福祉センター中央監視室で応対の後、すぐに担当職員から折り返しの連絡をします。

報告に必要な書類

1)報告初日(電話とFAXで報告)

電話で報告後下記の(1)~(3)はただちに、(4)~(7)は準備ができたらFAXで送信してください。

(1) (様式1)感染症(疑い)発生連絡票(第一報のみ使用)

(2) (様式2)発生状況報告用紙

(3) 集団感染チェックリスト(発生時)

(4) 施設見取り図

(5) 行事日程・内容(最初に発症者が出た日の2週間前から報告日まで)

(6) 施設利用者数、入所者数

(7) 職員の勤務表(最初に発症者が出た日の2週間前から報告日まで)

2)報告2日目以降(FAXで報告)

(様式2)発生状況報告用紙をFAXで送信してください。

感染拡大防止のための調査及び指導

保健所では、原因を調査するために利用者及び職員の検査をお願いする場合があります。

感染拡大等がみられる場合は、現地調査及び指導を実施する場合があります。

終息時の対応

発生状況に応じて、保健所で判断します。

社会福祉施設等においては、終息後、なるべく速やかに利用者・家族等関係者へ報告を行います。

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所保健総務課

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。