ふなばし減災プロジェクトを開始しました

更新日:平成29(2017)年7月14日(金曜日)

ページID:P031174

株式会社ウェザーニューズとふなばし減災プロジェクトを開始しました

 船橋市では、株式会社ウェザーニューズと共に、市民や地域コミュニティーの防災意識を高め、気象災害による被害を少しでも軽減することを目的に、市民参加型の災害情報共有ウェブサイト「ふなばし減災プロジェクト」を開始しました。

 具体的には、市内にお住まいの方(在勤・在学者を含む)、市職員、ウェザーニューズ利用者等が市内の気象情報や、気象災害に関する身近な現象・被害状況(道路冠水、床下浸水)などを“ふなばし減災プロジェクト”専用ウェブサイトに減災リポートとして投稿します。これにより、これまで難しかった、個人の生活に密接した被害状況の把握が可能となり、それらの情報を市内の多くの人が閲覧することにより、災害時の被害軽減(減災)に役立てるものです。

ウェブサイト内のコンテンツは全て無料で利用、閲覧することが出来ます。

また、過去に提供された情報が蓄積されているため、ある地域で豪雨が発生した時にどこが冠水したか、などのデータが“ふなばし減災プロジェクト”マップ内で確認できます。これにより、類似の気象条件になった場合にどのように対応すれば良いかの判断や日頃からの備えにも活用できます。

 なお、このサイトでは減災リポートのほか、船橋市内の避難所や避難場所もあわせて確認でき、被害の発生場所によってどこに避難すればいいのかを一目で把握することも可能です。

 (外部リンク)→ふなばし減災プロジェクトはこちら

ふなばし減災プロジェクトでできること

減災リポートの投稿や閲覧

(市民、市職員が減災レポートを投稿することにより危険性を周知、閲覧により市民の方は減災に、市は情報収集・災害対応につなげていきます。)

s5s1

過去の減災リポートの閲覧

(過去の災害時の減災レポートを閲覧することができ、その地域の危険性を把握し減災につなげていきます。)

s3s4

減災メール

(登録した地域に過去の災害と同じような事例が起きた場合、メールにて危険性を周知し減災につなげていきます。)

s6

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

危機管理課 総務係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。