離乳食お助け情報

更新日:令和元(2019)年8月1日(木曜日)

ページID:P032206


離乳食編へ  幼児食編へ





母乳やミルクからの栄養で成長していた赤ちゃんが、ママと赤ちゃん
幼児期の食事へ移行していく期間を「離乳」といいます。
この期間に赤ちゃんは、食べ物の味や噛み方・飲み込み方などを覚えていきます。
 
離乳食は、生後5~6か月頃になり、体調も良く、以下の様子が見られるようになったら始めていきます。

(1) 首のすわりがしっかりしてくる
(2) 支えてあげると座れる
(3) 食べ物に興味を示す(家族が食事をする様子を見て、口を動かす等)
(4) スプーンを口に入れても押し出すことが少なくなる

 

 

離乳食すすめ方

 月齢ごとのお子さまの様子と成長に合わせた離乳食のすすめ方。

5~6か月(1回食) 7~8か月(2回食) 9~11か月(3回食) 1歳~1歳6か月(完了期)

 ※上記の各月齢をクリックすると、PDFを見ることができます。

離乳食カレンダー・Q&A

離乳食の開始から完了までを、ひと目で確認(4か月児健康相談で配布しています)

 ⇒離乳食カレンダー(PDF)
 ⇒離乳食Q&A・おかゆと野菜の調理(PDF)

離乳食レシピ

分量は目安です。お子さまの月齢や食べ具合に合わせて調整してください。

5~6か月 7~8か月 9~11か月 1歳~

※上記の各月齢をクリックすると、PDFを見ることができます。

離乳食教室

 船橋市で行っている離乳食の教室です。
 ・4か月児健康相談
 ・離乳食(3回食)と歯みがきの教室

親子でたのしく(幼児食)

幼児期のおすすめレシピとお子さまの成長について。
(レシピの分量の「子ども5人分」は、「大人2人と子ども1人分」の目安として召し上がれます)
★たのしく作って、おいしく食べて、げんきに遊ぼう!

たのしく おいしく げんきに

    おはしがもてるまで

※上記の画像をクリックすると、PDFを見ることができます。

*****************************************

 お子さまのお食事について、気になることがありましたら保健センターへご相談ください。
 中央保健センター 047-423-2111
 東部保健センター 047-466-1383
 北部保健センター 047-449-7600
 西部保健センター 047-302-2626
(注)047-4XXの電話から西部保健センターへは、市外局番からおかけください。

 

この記事についてのお問い合わせ

保健所地域保健課

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55(保健福祉センター2階)

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。