市と金沢大が連携し、下水中の新型コロナウイルス量を調査

更新日:令和2(2020)年10月12日(月曜日)

ページID:P084673

 船橋市は金沢大学理工研究域地球社会基盤学系 本多了准教授と10月12日(月曜日)に協定を結び、市内の高瀬・西浦下水処理場に流入する下水の提供を開始します。

1.連携・協力の目的

 今回、市と金沢大学が締結する協定に基づく調査研究は、(公社)日本水環境学会の取組みにも参加している同大学と民間企業(株式会社建設技術研究所・株式会社環境総合リサーチ)が共同研究で実施しているものです。市は、下水と併せて処理区域内の感染者数データも提供します。
 研究の結果により、無症状者を含めた感染状況の全体像の把握が期待でき、更に研究が進めば、新型コロナウイルス感染拡大の兆候を早期に予測できる可能性があります。

2.連携・協力の内容

〇船橋市:市内下水処理場2カ所(高瀬・西浦下水処理場)に流入する下水および処理区域内の感染者数データの提供

 高瀬・西浦下水処理場では6月から週2日、調査に使用する下水の採水(1回あたり各250ミリリットル)を開始し、冷凍保管を行ってきました。

saisui saisui2

〇金沢大学:下水中の新型コロナウイルス検出手法の最適化および濃度を指標とした流行検知の精度検証

3.連携・協力の期間

令和2年10月12日から令和3年3月31日まで

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

下水道河川計画課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

有料広告欄 広告について
  • 株式会社リンクス・ビルド
  • バナー
  • バナー