ふるさと納税寄附金の使い道・受付状況

更新日:令和2(2020)年11月30日(月曜日)

ページID:P051662

ふるさと納税寄附金は使い道が選べます

お寄せいただいた寄附金は、船橋市のめざすまちの姿の7分野の各事業に活用させていただきます。
ご寄附をいただく際に、7つの分野、もしくは「市長におまかせ」から、いずれか一つをご指定ください。

1.新型コロナウイルス感染症対策

社会経済活動を維持できる環境を整備するため、緊急対策など本市独自の取組みを進めます。

shinkoro-taisaku

 2.非常時への備えのあるまちづくり

地震・風水害等の自然災害のほか、健康危機、大規模事故等に対応する危機管理体制を強化するとともに、適切な情報が迅速に行き渡るための取り組みや都市基盤の整備を進めることにより、災害に強いまちを目指します。
(都市防災機能・自主防災力の向上ほか)

1非常時への備えのあるまちづくり

3.安心して暮らせるまちづくり

保健・医療・福祉サービスの充実、防犯体制の強化、安全な道路の整備、生活利便機能を備えた身近な地域づくりなどを進めるとともに、支えあいのコミュ二ティを再生することにより、安心して暮らせるまちを目指します。
(保健・医療体制の充実、自主防犯活動の推進ほか)

2安心して暮らせるまちづくり

4.未来へつなぐ恵み豊かな環境のまちづくり

市全体で高い環境意識を共有し、自然とふれあえる場づくりや、地球環境保全に向けた取り組みを行うことにより、将来の世代が良好な環境のもとで暮らすことのできるまちを目指します。
(省エネルギー化の推進、再生可能エネルギー導入の推進ほか)

3未来へつなぐ恵み豊かな環境のまちづくり

5.笑顔があふれる子育てのまちづくり

誰もが子どもを産み育てやすい環境を地域や社会が支えることにより、未来の担い手である子どもが笑顔で健やかに育つとともに、子育て世代にとって魅力があるまちを目指します。
(子育て支援の推進、教育環境の充実ほか)

4笑顔があふれる子育てのまちづくり

6.人が集まる元気なまちづくり

職・住・遊の目的地として、積極的に選ばれるための魅力づくりを行い、人が集まる活気あるまちを目指します。
(駅周辺地区の整備、産品・産物ブランド化の推進ほか)

5人が集まる元気なまちづくり

7.市民に愛され、育まれるまちづくり

市民一人ひとりが、船橋をもっとよく知るとともに、地域や市の課題を、周りの人々とともに考え、解決するようになることで、「ふなばし」がさらに市民に愛され、育まれるまちとなることを目指します。
(市民参加のまちづくり、「ふなばし」情報の発信ほか)

6市民に愛され、育まれるまちづくり

8.市長におまかせ

市長に使い道を一任いただき、市全般の事業に活用させていただきます。

7市長におまかせ

各年度の寄附金受付状況・使い道

この記事についてのお問い合わせ

商工振興課 ふるさと納税担当

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。