避難所運営マニュアルを改訂しました

更新日:令和2(2020)年11月19日(木曜日)

ページID:P025042

船橋市では、平成25年4月に避難所運営マニュアルを発行し5年が経過いたしました。このわずかな期間に限定しても、平成26年8月広島県土砂災害、平成26年9月御嶽山噴火、平成27年9月関東東北豪雨、平成28年4月熊本地震など多数の大規模な災害が発生し、多くの死傷者、甚大な被害が出ています。

未曾有の大規模災害が発生すると、自宅や生活拠点に被害を受けた人々が極限状態の中で長期に渡り、宿泊可能避難所等において共同生活を営むこととなります。

電気・ガス・水道・通信などのライフラインも停止した不便な状況で、慣れない共同生活を営むことは、決して容易ではありません。そのため、平成30年6月に、より地域住民の方々に読みやすく、わかりやすい避難所運営マニュアルに改訂いたしました。

今回の主となる改訂内容として、避難所運営に必要な内容別に以下のように3冊構成としました。

 <船橋市避難所運営マニュアル>
(1) 本編
(2) 避難所運営委員会及び各運営班の業務
(3) 様式集

(1)本編については、災害発生当日の初動期、2日目から1週間程度までの展開期、1週間から3週間までの安定期、ライフライン回復時の撤収期という4期に分けて、どのように避難所を運営していくのかが書かれています。

(2)避難所運営委員会及び各運営班の業務については、避難所運営には多岐にわたる業務があり、業務を班体制で行います。その各班の業務について書かれています。

(3)様式集は、避難所運営で必要となる各種様式を入れてあります。

災害時に、円滑な避難所運営を行うためには、行政機関だけでなく、施設管理者や避難所を利用する地域の方々の協力が不可欠です。

「自分たちのまちは自分たちで守る」という考え方を基本に「自助」「共助」「公助」が互いに連携して、集団生活を送る必要があるため、平常時からこのマニュアルを参照し、地域の町会・自治会や自主防災組織等が中心となり避難所となる施設管理者と十分に話し合い、避難所開設当初から円滑な運営を行いましょう。

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

このページについてのご意見・お問い合わせ

危機管理課 指導係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日