軽自動車税の税制改正について

更新日:令和元(2019)年10月1日(火曜日)

ページID:P035170

自動車取得税が廃止され、新たに環境性能割が導入されます

軽自動車税の名称が変わります 

税制改正により、令和元年10月1日から軽自動車税に「環境性能割」が導入されます。併せて、現行の軽自動車税は「種別割」へと名称が変わり、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されることとなります。

※毎年5月に通知される軽自動車税(種別割)の税額に変更はありません。

環境性能割について

環境性能割は消費税率10%引き上げに伴い、自動車取得税(県税)を廃止し、新たに導入されるものです。

令和元年10月1日以後の自動車及び軽自動車の取得時(購入時)に適用され、新車・中古車を問わず取得した車両に対して課税されます。

※軽自動車税の環境性能割は市税として徴収することとなりますが、当分の間は、千葉県が賦課徴収を行います。

環境性能割の税率(乗用車の例)

税額は、取得価格に以下の税率をかけた額です。取得価格が50万円以下の場合は、課税されません。

区分 排ガス要件 燃費要件 税率

自家用

(※2)

営業用

電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、天然ガス車、クリーンディーゼル乗用車 非課税 非課税
ガソリン車、ガソリンハイブリッド車

★★★★

(※1)

令和2年度燃費基準+10%達成

★★★★

令和2年度燃費基準達成

1.0% 0.5%
★★★★

平成27年度燃費基準+10%達成


2.0%
1.0%
上記以外の車 2.0%

※1 電気自動車を除き、平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車(★★★★)に限ります。

※2 令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の軽自動車を購入する場合、環境性能割の税率が臨時的に1%軽減されます。

環境性能割の減免について

心身障がい者名義の軽自動車等は、一定の要件に当てはまる場合、申請により軽自動車税(環境性能割)の減免を受けることができます。

軽自動車税(環境性能割)は当分の間、都道府県が賦課徴収するため、減免の申請先も千葉県となります。

関連リンク

総務省ホームページ

総務省・地方税共同機構作成リーフレット

千葉県ホームページ(障害者等の方のための減免について)

軽自動車税の税制改正について

平成26年度

平成26年度の地方税法の一部改正により、平成27年度から軽自動車税の税率が引上げられました。

ただし、軽自動車(四輪以上及び三輪)については平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けるものから適用されます。

また、軽自動車税においてもグリーン化をすすめる観点から、最初の新規検査から13年を経過した軽自動車(四輪以上及び三輪)については、平成28年度から約20%の重課となりました。平成30年度は、最初の新規検査が平成17年3月以前の車両が重課税率の対象です。平成27年3月31日までに新規登録した車両は、登録後13年までは現行税率のままとなります。

平成27年度

平成27年度の地方税法の一部改正によって、原動機付自転車及び二輪の軽自動車に係る新税率の適用時期は平成27年度から平成28年度に1年間延期され、平成27年度に新規取得した軽自動車(四輪以上及び三輪)については平成28年度分の税率に燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)が導入されました。

平成28年度

グリーン化特例(軽課)について平成28年度の地方税法の一部改正によって1年間延長を行うこととなりました。

平成29年度

 グリーン化特例(軽課)について平成29年度の地方税法の一部改正によってさらに2年間延長を行うこととなりました。

平成31年度

グリーン化特例(軽課)について平成31年度の地方税法の一部改正によって、現行の制度を2年間延長し、その後令和4年度課税からは対象を電気自動車等に限定することとなりました。

詳しくは総務省ホームページ内の「平成26年度税制改正の大綱」「平成27年度税制改正の大綱」「平成28年度税制改正の大綱」「平成29年度税制改正の大綱」「平成31年度税制改正の大綱」fをご覧下さい。

税率(平成31年度)


軽自動車税は、毎年4月1日現在、軽自動車等の所有者として登録されている方に課税されます。

車種 内燃機関の場合の区分 年税額
原動機付自転車 総排気量50cc以下(定格出力600W以下) 2,000円
2輪のもので総排気量50cc超90cc以下
(定格出力600W超800W以下)
2,000円
2輪のもので総排気量90cc超125cc以下
(定格出力800W超1KW以下)
2,400円
ミニカーのもの(3輪以上)で総排気量20cc
超50cc以下(定格出力250W超600W以下)
3,700円
軽自動車 2輪のもの(側車付のものを含む)で
総排気量125cc超250cc以下
3,600円
被けん引自動車(ボートトレーラーなど) 3,600円
右記以外 平成27年
4月1日以
降の新規
登録の新
車※1

初度検査
年月から
13年経過
した翌年
度※2

3輪のもので総排気量660cc以下のもの 3,100円 3,900円 4,600円
4輪以上のもので
総排気量660cc以下
のもの
乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物用 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円
小型特殊自動車 長さ
(m)

(m)
高さ
(m)
最高
速度
(Km/h)
総排
気量
(リットル)
農耕作業
用のもの
制限
なし
制限
なし
制限
なし
35
未満
制限
なし
2,400円
その他
(フォーク
リフト等)
4.70
以下
1.70
以下
2.80
以下
15
以下
制限
なし
5,900円
2輪の小型自動車 総排気量250ccを超えるもの(側車付のものを含む) 6,000円

※動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車及び被けん引車は、重課税率の対象外です。

最初の新規検査年月(車検証の「初度検査年月」)とは

初めて車両の登録を行った(初めてナンバープレート交付を受けた)年月のことです。車検証の「初度検査年月」の欄で確認ができます。

  • 重課税額になる年度の早見表
年度の早見表

初度検査年月 

13年経過した翌年度

      ~平成14年12月

平成28年度

平成15年1月~平成16年3月

平成29年度

平成16年4月~平成17年3月

平成30年度

平成17年4月~ 平成18年3月

平成31年度

平成18年4月~ 平成19年3月

令和2年度

平成19年4月~ 平成20年3月

令和3年度

平成20年4月~ 平成21年3月

令和4年度

平成21年4月~ 平成22年3月

令和5年度

平成22年4月~ 平成23年3月

令和6年度

平成23年4月~ 平成24年3月

令和7年度

平成24年4月~ 平成25年3月

令和8年度

平成25年4月~ 平成26年3月

令和9年度

平成26年4月~ 平成27年3月

令和10年度

平成27年4月~ 平成28年3月

令和11年度

平成28年4月~ 平成29年3月

令和12年度

平成29年4月~ 平成30年3月

令和13年度

平成30年4月~ 平成31年3月

令和14年度

平成31年4月~ 令和2年3月

令和15年度

グリーン化特例(軽課)

平成29年度税制改正によって平成30年度、平成31年度の軽自動車税にも、グリーン化特例が適用されることとなりました。グリーン化特例とは排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、平成29年4月1日から平成30年3月31日までに新規登録した軽自動車(四輪以上及び三輪)は、平成30年度分の軽自動車の税率が軽減され、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに新規登録した軽自動車(四輪以上及び三輪)は、平成31年度分の軽自動車の税率が軽減される特例措置です。   

グリーン化特例適用対象車両およびその税率内容
軽課対象車 税率
電気自動車 概ね75%減
天然ガス自動車で
平成30年排出ガス基準達成車または
平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの
平成17年排出ガス基準75%低減達成車
     または
平成30年排出ガス基準50%低減達成車
乗用 令和2年度燃費基準+30%燃費性能達成車 概ね50%減※
貨物 平成27年度燃費基準+35%燃費性能達成車
乗用 令和2年度燃費基準+10%燃費性能達成車 概ね25%減※
貨物 平成27年度燃費基準+15%燃費性能達成車

※揮発油を内燃機関の燃料とする軽自動車に限る 。

軽減後税率一覧
車種 概ね75%軽減後 概ね50%軽減後 概ね25%軽減後
3輪のもので総排気量660cc以下のもの 1,000円 2,000円 3,000円
4輪以上のもので
総排気量660cc以下のもの
乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

Q&A

Q 現在50ccの原付バイクを所有しています。平成30年度の税金はどうなりますか?

A 平成30年度については、年額2,000円です。
平成27年度の税制改正により平成28年度から年額2,000円となっております。

 (以下、動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車及び被けん引車を除いた場合)

Q 初年度検査が平成14年12月の軽四輪乗用自家用車を所有しています。税金はどうなりますか?

A 平成27年度については年額7,200円
平成28年度以降は年額12,900円になります。

Q 初年度検査が平成26年度の軽四輪乗用自家用車を所有しています。税金はどうなりますか?

A 令和9年度まで現行税率の年額7,200円
令和10年度から重課税率が適用され、年額12,900円になります。

Q 平成27年4月2日以降に新車(軽四輪乗用自家用)を購入しました。税金はどうなりますか?

A 平成28年度から令和10年度までは新税率の年額10,800円
平成41年度から重課税率が適用され、年額12,900円になります。
(毎年4月1日に車を所有されている方にかかる税になるため、平成27年度は税金はかかりません)

Q 平成27年4月1日に中古車を購入します。27年度の税金は新税率になりますか?

A 現行税率になります。
新税率は27年4月1日以後に新規検査を受けるものから適用になります。

Q 電気自動車を所有しています。平成28年度以降、初度検査から13年以上経過した場合税金はどうなりますか?

A 動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車及び被けん引車は、重課税率の対象外です。
初度検査から13年経過した場合、新税率(軽四輪乗用自家用の場合10,800円)が適用されます。

Q 平成29年度グリーン化特例の適用を受けておりました。平成30年度もグリーン化特例は適用されますか?

A 平成30年度のグリーン化特例は平成29度に初度検査を受けた軽自動車のうち、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい車両が対象となるため、平成29年度既にグリーン化特例を受けた軽自動車は対象外です。
よって平成30年度からは新税率が適用されて、初度検査から13年を経過した令和12年度からは重課税率が適用されます。

この記事についてのお問い合わせ

市民税課 法人・軽自動車税係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。