船橋市の流域

更新日:平成23(2011)年3月31日(木曜日)

ページID:P002719

ある地域に降った雨はやがて川に集まります。降った雨が川に集まる範囲を流域といいますが、みなさんはどの流域に住んでいて、降った雨がどこに流れているのか知っていますか?
船橋市の流域は、利根川水系印旛沼に流入する神崎川流域、桑納川流域と、東京湾に流入する海老川流域、真間川流域と、その他流域の5つに大別され、市内各流域を流れる河川延長の合計は約100キロメートルに達します。
ここではそれぞれの流域のあらましと、その流域内の主な河川などを簡単に紹介します。

船橋市流域概要図

船橋市流域図
人イラスト君の家はどの流域かな?ロゴ

神崎川流域

市域全体の約15%の面積を占める神崎川流域は船橋市北部に位置し、田畑や緑の多く残る流域です。この流域内の主な河川としては、一級河川二重(ふたえ)川があげられます。主な公共施設としては、県民の森や北部清掃工場などがこの流域に位置しています。

桑納川流域

市域全体の約20%の面積を占める桑納川流域は船橋市東部に位置し、上流域には公団等の市街地が広がり、下流域にはまだまだ田畑の残っている流域です。この流域内の主な河川としては、一級河川桑納川があげられます。主な公共施設としては、アンデルセン公園や船橋アリーナなどがこの流域に位置しています。

海老川流域

市域全体の約32%の面積を占める海老川流域は船橋市中央部に位置し、船橋市の流域の中では最も多くの川が流れています。この流域内の主な河川としては、二級河川海老川、飯山満川、長津川、さらには準用河川前原川、中野木川などがあげられます。主な公共施設としては、船橋市運動公園や船橋中央卸売市場などがこの流域に位置しています。

真間川流域

市域全体の約8%の面積を占める真間川流域はおもに船橋市西部に位置し、流出する雨水の大半は市川市に流れ込んでいます。また河川数が最も少ない流域です。この流域内の主な河川としては、一級河川真間川があげられます。主な公共施設としては法典公園がこの流域に位置しています。

その他流域

市域全体の約25%の面積を占めるその他流域は船橋市南部に位置し、流域には市街地や工場地域が広がっており、大半が公共下水道による排水区域にあたります。大半を普通河川が流れています。主な施設としては、船橋市役所や中山競馬場などがこの流域に位置しています。 神埼川流域神崎川流域桑納川流域海老川流域真間川流域真間川流域その他流域その他流域桑納川流域海老川流域真間川流域その他流域

この記事についてのお問い合わせ

下水道河川管理課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。