準用河川駒込川の改修事業

更新日:平成31(2019)年1月28日(月曜日)

ページID:P067220

河川改修事業の経緯

駒込川は,船橋市北東部の習志野台地域を水源とし、船橋市坪井町において一級河川利根川水系桑納川(かんのうがわ)に注ぐ、流域面積約3.8km2、流路延長約1.9kmの河川です。
流域としては、上流域が習志野台団地や松が丘などの市街化区域で、都市化が進み治水安全度が低く、大雨時に内水氾濫被害が頻発しています。下流域は谷津地形の農地の中を流れています。
平成25年10月の台風26号では、河川上流側に設置された習志野台第一調整池が満水となり水があふれ出し、下流河川で溢水による甚大な被害が生じました。
このような状況を踏まえ、平成28年度に下流の一級河川桑納川合流点から約1.4kmの区間を準用河川に指定し、平成29年度にこの区間の河川改修事業に着手しました。

駒込川流域図
準用河川指定区間

過去の水害発生状況

習志野台第1調整池・駒込川_ページ_04
平成25年10月16日(台風26号)
船橋市総合体育館より下流 青橋付近

習志野台第1調整池・駒込川_ページ_03
同箇所の平常時の様子

習志野台第1調整池・駒込川_ページ_12
平成25年10月16日(台風26号)
船橋市総合体育館より下流 青橋付近

習志野台第1調整池・駒込川_ページ_11
同箇所の平常時の様子

※これらの写真は坪井町松ヶ丘自治会から提供していただきました。

河川の構造

この事業では、河川の幅を広げ、時間あたり約50mmの降雨に対応する河川断面を整備する計画です。河床部分の幅を広く確保することにより、非出水期など水量が少ない期間は自然な澪筋が形成され、多様な生物が生息できる環境となることが期待されます。また、堤防天端部に設ける管理用通路は、整備完了後には地域のみなさんが散策などに利用できるように開放する予定です。

駒込標準断面図
図 改修前後標準断面図
黒:改修前 赤:改修後

河川改修事業の進捗状況

 現在は主に河川改修工事を施工するための事業用地の取得交渉を進めています。一定の用地が確保できた段階で、順次工事に着手していくこととなります。

この記事についてのお問い合わせ

河川整備課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。