準用河川木戸川の改修事業

更新日:平成31(2019)年1月28日(月曜日)

ページID:P067219

河川改修事業の経緯

木戸川は新京成電鉄滝不動駅西側の船橋市三咲付近にその源を発し、北東へ流下した後、大穴川を合流し水田地帯に達します。その後、三咲川、神保川を合流して、一級河川桑納川(かんのうがわ)に合流する流域面積約8.75km2、流路延長4.15km(準用河川指定延長2.7km)の河川です。
流域としては、上流域が高根台団地や松が丘などの市街化区域で、都市化が進んでいることから治水安全度が低く、下流域の耕作地等では大雨時に度々浸水被害が発生していました。
このような状況を踏まえ、平成14年度に下流の一級河川桑納川合流点から約2.7kmの区間を準用河川に指定し、「木戸川整備計画」に基づきこの区間の河川改修事業に着手しました。なお、河川の幅を広げる工事は平成28年度に完了しました。

位置図
準用河川指定区間

過去の水害発生状況

被害写真1
平成13年9月11日 台風15号
特別養護老人ホーム付近より下流

被害写真2
平成13年9月11日 台風15号
三咲川合流点付近より下流

被害写真3
平成26年10月6日 台風18号
大穴川合流点付近

河川の構造

この事業では、河川の幅を広げ、時間あたり50mmの降雨に対応する河川断面を整備することとしました。また、堤防天端部に設ける管理用通路は、地域のみなさんが散策などに利用できるように開放しており、河岸の法面(傾斜面)は緩やかにして人が水辺へ近づきやすい形状としました。

木戸川標準断面図

図 改修前後標準断面図
黒:改修前 赤:改修後

改修後の河川の風景

完成写真
平成28年4月12日
鎌田橋より下流

完成写真2
平成29年4月13日
鎌田橋より上流

河川改修事業の進捗状況

現在は河川の幅を広げる工事が完了しており、今後は親水拠点を整備していきます。

木戸川整備計画パンフレット

事業着手時(平成16年3月)に作成したパンフレットを公開しています。

木戸川整備計画パンフレット(PDF形式 566キロバイト)
木戸川パンフレット表紙

この記事についてのお問い合わせ

河川整備課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。