「障害児支援利用計画」の作成について

更新日:令和元(2019)年6月13日(木曜日)

ページID:P036749

児童福祉法の一部改正により、障害児通所支援を利用する方は、障害児支援利用計画を作成することになりました。

障害児支援利用計画について

障害児支援利用計画とは、指定障害児相談支援事業者が、サービス等の利用を希望する障害児の総合的な援助方針や解決すべき課題を踏まえ、最も適切なサービスの組み合わせについて検討し、作成するもので、サービス利用者を支援するための総合的な支援計画です。

対象者について

対象者は障害児通所支援(児童発達支援・医療型児童発達支援 ・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援 )や障害福祉サービスを利用する方です。

障害児支援利用計画作成について

市が指定した指定障害児相談支援事業者の相談支援専門員が作成します。

※船橋市内にある指定障害児相談支援事業者一覧は障害児通所支援事業者一覧(PDF形式)の3~4ページ目をご覧ください。

障害児支援利用計画を活用する利点について

障害児支援利用計画を活用する主な利点は以下の通りです。

  •  相談支援事業者から、適切なサービスの組み合わせの提案を受けることができます。
  •  1つの計画を基に関係者が情報を共有し、一体的な支援を受けることができます。
  •  本人のニーズに基づく計画を作成することで、本人中心の支援を受けることができます。
  •  モニタリングを受け、定期的に計画の見直しをすることができます。

障害児支援利用計画を作成する費用について

障害児支援利用計画作成の際に、利用者が負担する費用はありません。

障害児支援利用計画の作成から障害児通所支援利用までの流れについて

利用までの流れはこちら

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

療育支援課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。