指定難病医療費助成制度

更新日:令和元(2019)年7月1日(月曜日)

ページID:P048876

指定難病医療費助成制度更新申請のお知らせ

 特定医療費(指定難病)受給者証をお持ちで、有効期間の末日が令和元年12月31日以前の方に更新申請のご案内を発送しています。
 引き続き受給者証をご利用される場合は、お送りした更新申請のご案内を確認の上、お手続きください。

指定難病医療費助成制度とは

 平成27年1月、難病(発病の機構が明らかでなく、かつ、治療方法が確立していない希少な疾病であって長期にわたり療養を必要とすることとなるもの)の患者に対する良質かつ適切な医療の確保及び療養生活の質の維持向上を図るために、「難病の患者に対する医療等に関する法律」が施行されました。
 指定難病医療費助成制度とは、難病のうち国が定めた基準に該当する333疾病(指定難病)に対し医療費の一部を公費で負担する法律に基づく助成制度です。
 制度の詳細については千葉県ホームページ(外部リンク)および厚生労働省ホームページ(外部リンク)を確認ください。
※平成27年7月1日より、対象疾病(指定難病)が110疾病から306疾病に拡大されました。
※平成29年4月1日より、対象疾病(指定難病)が306疾病から330疾病に拡大されました。
※平成30年4月1日より、対象疾病(指定難病)が330疾病から331疾病に拡大されました。
※令和元年7月1日より、対象疾病(指定難病)が331疾病から333疾病に拡大されました。

申請方法

申請窓口(来所または郵送)

 船橋市保健所地域保健課では、船橋市民の方を対象に申請書の受理・交付等の受付を行っています。
 ※平成31年4月1日の組織改正により担当課名が保健総務課から地域保健課に変更となりました。
 ※郵送申請の場合は、保健所に申請書類一式が届いた日(土日、祝日、年末年始は翌開庁日)が申請日となります。

申請書類

 申請等の手続きについては、こちらの千葉県ホームページ(外部リンク)にて確認出来ます。
 船橋市に住民登録がある方は「住民票、課税及び生活保護の情報にかかる同意書」を提出することで、必要書類である住民票、課税/非課税証明書、生活保護証明書の提出が省略可能です。但し、一部の方についてはこの同意書を提出しても課税/非課税証明書の省略が出来ませんので、ご注意ください。(詳細については、指定難病医療費助成制度をお受けになる方へ の5ページ目「申請に必要な書類」(9)をご確認ください。)
 なお、課税/非課税証明書を省略できない方でもこちらの同意書を提出することで、住民票の省略は可能です。

 新規申請時に必要な書類は以下のファイルダウンロードから、ダウンロードが出来ます。

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所地域保健課 疾病対策係

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55(保健福祉センター2階)

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。