令和2年度 障害のある方の就労を応援するイベント「『はたらく』ということ」を開催しました

更新日:令和3(2021)年5月13日(木曜日)

ページID:P049080

聴く!! 知る!! やってみる!!
令和2年度「障害者雇用推進・啓発イベント『はたらく』ということ」を開催しました

千葉県中小企業家同友会(障がい者雇用と多様な働き方を考える委員会)様にご協力いただき、令和3年1月27日(水曜日)に「障害者雇用推進・啓発イベント『はたらく』ということ」を会議用アプリZoomを使用したオンラインで開催しました。

当日は、特別支援学校在校生・卒業生による職場体験や就労にまつわる体験談の発表や、令和2年度船橋市障害者雇用優良事業所として選考された企業への表彰状の贈呈とその取組みの紹介、障害のある方の雇用や職場実習を受け入れている企業による事例発表を行いました。

オンラインでの開催でしたが、障害者雇用を考える企業、将来企業で働きたい障害のある方、障害のある方の就業を支える家族など、さまざまな立場の方に聞いていただくことができました。

また、イベントでは開催を記念に刊行した障害者雇用推進のための絵本をお配りしました。令和2年度は「特別支援学校・就労支援機関の立場から、障害者雇用を伝える」がテーマです。作成した絵本はこちらのページでご覧いただけます。

13時05分~ 体験発表

特別支援学校に在籍し就職を目指して職場実習をしている方、一般企業で働いている特別支援学校卒業生が自身の体験を発表していただきました。
”働く”ことについて、本人たちはどう考えているのか。就職に向けてどのような取組みをしているのか。どのように働いているのか。
当事者の視点から話を聞くことができる貴重な機会となりました。

13時45分~
令和2年度船橋市障害者雇用優良事業所(ふなばし♡あったかんぱにー)表彰式

表彰式
↑左から、株式会社ヒロハマ 千葉工場 代表取締役社長 廣濱庄一郎様、松戸 徹市長、医療法人社団弘成会 理事 玉本和枝様

令和2年度の「船橋市障害者雇用優良事業所(ふなばし♡あったかんぱにー)」に決まった株式会社ヒロハマ 千葉工場様、医療法人社団弘成会様に対し、市長より表彰状を授与しました。
各社の取り組みはこちらのページでご紹介しています。

船橋市障害者雇用優良事業所[ふなばし♡あったかんぱにー]とは?

船橋市では、障害のある方を積極的に雇用し、働きやすい環境作りの工夫や努力を行っている市内事業所を表彰しています。
障害者雇用に携わる関係機関により構成される審査委員会の審査を経て決定されます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

14時10分~ 事例発表

株式会社イシド様、株式会社ヒロハマ様より、障害のある方の雇用をはじめたきっかけや、受け入れのための準備、課題になったこと、一緒に働いてみて感じたことなど、各社の取組みについて発表していただきました。

株式会社ヒロハマ様事例発表
↑株式会社ヒロハマ様による事例発表の様子

イベント概要

日時

令和3年1月27日(水曜日) 13時00分~15時15分

会場

会議用アプリZoomを使用したオンライン

参加費用・申込み

無料・要事前申込み

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

商工振興課 経営労政係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

有料広告欄 広告について
  • はんこ屋さん21船橋南口店
  • バナー
  • バナー