救える命が救えなくなります!!あなたが要請した救急車は本当に必要ですか?

更新日:令和4(2022)年8月23日(火曜日)

ページID:P000487

「救える命が救えない!」大切な命を守るために。

 1 救急車は限りある資源

 救急車は、けがや病気などで、緊急に医療機関へ搬送するものです。119番通報すると、現場に最も近い救急車が出動しますが、救急要請が重なってしまうと遠くの救急車が現場へ向かうことになり、本当に救急車を必要とする人への対応が遅れ、救える命が救えなくなるおそれがあります。

 緊急性の高い方を搬送   地域の限られた救急資源   緊急?

 2 救急車の誤った利用例

 ・救急車は無料だから(タクシー代がないから)
 ・交通手段がないから
 ・救急車だと優先的に診てもらえるから
 ・どこの病院に行けばいいのかわからないから
 ・夜間・休日の診療時間外だから

  無料   交通手段   優先的 


  どこの病院   時間外

 3 大切な命を守るために

 (1)こんなときはすぐに119番通報しよう! 「救急車利用リーフレット」

  正しい使い方  本当に必要?

  ・迷ったときは、

   ・ふなばし健康ダイヤル24  0120-2784-37(船橋市民専用、24時間年中無休)

   ・新型コロナウイルス関連 相談窓口一覧表(内部リンク)

   ・休日夜間の診療案内(内部リンク)

   ・救急安心電話相談  局番なしの#7009 または 03-6735-8305      

   ・夜間にお子さんの急病で病院へ行ったほうが良いか迷ったとき、
    看護師・小児科医が電話でアドバイスいたします。 
    こども急病電話相談  局番なしの#8000 または 043-242-9939

   ・スマートフォンアプリや総務省消防庁のホームページから、
    急な病気やけがをした際の緊急度を判定することができます。
    全国版救急受診アプリ『Q助』

   迷ったら?  救急電話相談    

 (2)救命講習を受講して、いざというときのための知識・技術を身につけよう
  ・船橋市の救命講習のご案内(内部リンク)

  
 (3)病気、けがの症状が軽い方で
  「どこの病院に行けばいいかわからない」「交通手段がない」
   このような時は、船橋市の救急医療機関ネットワーク当番病院
   民間の患者等搬送事業者などをご利用ください!


このページについてのご意見・お問い合わせ

消防局救急課

〒273-0011千葉県船橋市湊町2-6-10

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日