まつ毛エクステンション、まつ毛パーマ(カール)等の美容サービスで問題が発生したら

更新日:平成27(2015)年4月3日(金曜日)

ページID:P022512

近年、女性の美容意識の高まりから、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマ等のまつ毛美容に関するサービスが拡大しています。
これに伴い、健康被害や無資格での営業といった問題も発生しています。

厚生労働省は、平成23年度に寄せられた全国のエステティックによる健康被害の相談と対応について、調査結果を発表しています。
この結果からも、まつ毛美容サービス関連の問題が発生していることが分かります。

このような問題が発生した際は、保健所まで情報をお寄せください。 

まつ毛美容サービスは美容所として届け出た施設で、美容師のみが施術出来ます

まつ毛エクステンション、まつ毛パーマ(カール)は美容行為です 

まつ毛エクステンション、まつ毛パーマ(カール)は、頭髪のパーマやセット、メイク等と同様に、美容師法における「美容行為」と位置づけられています。

まつ毛美容サービスを行うには条件があります

「美容行為」を業として行うためには、“美容師免許を持つ者が施術すること”、“美容所として届け出た施設内で行うこと” という条件があります。
美容所として届け出た施設においても、美容師の資格を持たない方は施術出来ません。
同様に、美容師の資格を持った方であっても、美容所として届け出ていない施設では施術出来ません。
無資格、無届での施術は美容師法違反となります。

 しかしながら、美容所として届け出ていないエステサロン、ネイルサロン、まつ毛エクステンション専門サロン等の施設で、エステティシャン等の無資格者による施術が少なからず行われているのが現状です。

まつ毛に関する施術は目に対する危険性があります

まつ毛美容の施術内容

まつ毛エクステンションは、瞬間接着剤でまつ毛に人工毛を直接貼り付ける施術です。
まつ毛パーマ(カール)は、まつ毛をパーマ(カール)する施術です。
※パーマ液(パーマネントウェーブ用剤)をまつ毛に使用することは承認されていません。

施術による目への影響 

まつ毛は目というデリケートな器官の近くにあります。
目の近くでの細かい作業や化学物質の使用、異物の貼り付けは目に危険や負担を伴います。
また、施術して時間が経ってから問題が発生することもあります。
健康被害の発生を防ぐため、危険性を理解した上で、専門の知識・技術を持つ美容師の施術を受けましょう。 

健康被害が発生したら医師の診察を受けましょう 

まつ毛美容サービスを受けて少しでも異常を感じたら、ただちに眼科を受診してください。
症状だけでは原因を特定できないこともあるため、まつ毛美容サービスが原因と思われる場合は、施術したことを診察時に告げましょう。 

情報をお寄せください

まつ毛美容サービスに関して、

  • 健康被害を受けた
  • 健康被害に関連するトラブルが発生した
  • 美容師資格を持たない人が施術をしていた
  • 美容所として届け出ていない施設で施術が行われていた

以上のような問題が発生したら、保健所衛生指導課まで情報をお寄せください。 

参考

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所衛生指導課 環境指導係

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。