産業廃棄物委託処理チェックシート・産業廃棄物処理委託標準契約書について

更新日:平成31(2019)年1月15日(火曜日)

ページID:P001190

委託処理は適正ですか?自己診断をしてみましょう

事業者は、その事業活動に伴って生じた産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物(以下「産業廃棄物等」という。)を自ら処理しなければなりませんが、やむを得ずその産業廃棄物等の収集・運搬、処分を他人に委託する場合は、委託契約を締結するなど廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第6条の2又は同令第6条の6に定められた委託基準に従い委託することになります。

また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第12条の3の規定により、委託した産業廃棄物等に係る産業廃棄物管理票(マニフェスト)※の交付、終了確認の照合、保管等の管理も必要となります。
※紙媒体で運用する産業廃物管理票(マニフェスト)の他に、電子情報を活用する電子マニフェストもあります。詳細はこちらをご確認ください。

委託基準や産業廃棄物管理票(マニフェスト)の交付等の義務を守らずに委託すると産業廃棄物等の不法投棄等、不適正処理の原因になるばかりでなく、委託した事業者も処理責任や罰則を受けることがあります。

産業廃棄物等を収集運搬業者や処分業者に委託しようとする場合や既に委託を行っている場合も、委託基準や産業廃棄物管理票(マニフェスト)の交付等の義務を守っているかどうかを簡単に自己診断していただくために、「産業廃棄物委託処理チェックシート」を作成しましたので多くの事業者の皆さんのご活用をお願いします。 

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

廃棄物指導課 監視指導係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。