生ごみの臭い対策について

更新日:令和元(2019)年6月27日(木曜日)

ページID:P070687

 気温が高くなる時期に気になるのが生ごみの臭いです。
 ご家庭でできる生ごみの臭い対策をご紹介します。

臭いの原因

 生ごみの臭いは「腐敗」が原因で発生します。腐敗は「水分」と「高い気温」で進むため、水切りと温度対策が効果的です。

生ごみの臭い対策

 生ごみは、水切りの徹底や捨てるときのひと工夫で腐敗を防ぎましょう。
 以下で方法をご紹介します。

水切り

mizukiri1 水切りネットなどを使って、捨てる前に水をよく絞る。
mizukiri4 新聞紙などの上に置き、水分を乾かす。
mizukiri5

濡らさずに調理できる食材は、なるべく濡らさない。
(たまねぎの皮、きのこのへた、かぼちゃのわたなど。)

mizukiri7 三角コーナーを使わずに、市販の水切りごみ袋を利用する方法もあります。
袋の下部に穴が開いているため水が抜け落ち、絞る際も手を汚さずに行えます。

肉や魚のトレイの水分を取る

mizukiri8 肉や魚のトレイ、納豆のパックなどは洗って乾かす。トレイに敷いてあるマットは、軽くすすいで絞る。

冷凍する

mizukiri9 新聞紙やチラシに包み、ビニールに入れ冷凍する。魚の内臓など、腐りやすい生ごみに特に効果的です。

重曹をつかう、お茶・コーヒーの出がらしを使う

mizukiri11

重曹を直接ふりかけることで、水分が吸着されます。また、お茶やコーヒーの出がらしを乾燥させて生ごみに混ぜると、臭いを軽減します。

この記事についてのお問い合わせ

資源循環課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで(祝日・年末年始を除く) 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

有料広告欄 広告について
  • はんこ屋さん21船橋南口店
  • バナー
  • バナー