二宮神社のイチョウ

更新日:平成30(2018)年4月25日(水曜日)

ページID:P020660

にのみやじんじゃのいちょうなりたさんけいき

すらりとした感じの巨木ですが、太さは市内最大級で、 市内で最も高いイチョウです。二宮神社正面の鳥居からいったん参道を下り、 再び階段を上がったところに社殿を背景として大きく聳え、 境内の良い景色になっています。 また神社境内には鬱蒼とした多くの種類の叢があり、 こうした貴重な自然環境によって守られています。 このイチョウは江戸時代の『成田参詣』の「二宮神社」にも描かれるなど古くから人々に 親しまれており、また御神木として崇められています。 樹高は25m、幹回りは4.71m、葉張りは17.4mの雌株で、地元では、樹齢約400年と言われています。 

前の文化財に

指定文化財の一覧にもどる 

次の文化財に

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会文化課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。