成瀬氏の墓 附 墓誌

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P008875

成瀬正成は徳川家康の側近の一人で、天正18年(1590)に家康が関東に移ると、栗原郷など4千石を与えられ、その後、尾張徳川家への将軍からのお付家老として、犬山城主となり3万4千石を領有しました。寛永2年(1625)に正成は没すると、犬山城主は長男正虎が継ぎましたが、正成は生前、次男之成に栗原郷他1万4千石を譲っていたので、之成が栗原藩の2代目となりました。その後、栗原藩は無嗣により断絶してしまいましたが、宝成寺は江戸における成瀬家の菩提寺とされていたため、栗原藩成瀬家が断絶後も一族の墓が営まれ明治9年(1876)まで墓碑等が残されています。

前の文化財に

指定文化財の一覧にもどる

次の文化財に

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会文化課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。