犬、猫の譲渡ボランティアを募集します。

更新日:令和3(2021)年6月29日(火曜日)

ページID:P015650

市では、収容動物の殺処分数を減らすため、譲渡ボランティアを募集します。

 動物愛護指導センターでは、毎年多くの犬・猫が収容されます。センターから譲渡ができるように努力をしておりますが、猫の繁殖期には多数の子猫が収容され、飼養が困難になります。また、多くの成犬も長期にわたって新しい飼い主を探している状況です。

 そこで、当センターではそのような動物を引き出していただき、適切な飼い主を探して再譲渡していただく譲渡ボランティアを募集します。

 譲渡ボランティアを希望される方は、下記の譲渡ボランティアの登録手続きについてを参照してください。

 譲渡ボランティア登録に必要な書類

これら書類は必ず動物愛護指導センターまで直接お持ちください。

その他登録後に必要な書類

ボランティア譲渡をお願いする動物は次のような犬、猫です。

  • 長期にわたり、適切な一般譲渡候補者が見つからない動物(主に、成犬、成猫)
  • 一時期に集中して収容されるため飼養しきれない動物(主に離乳後の子猫)
  • その他、譲渡ボランティアの方に引き出していただくことが必要だと判断された動物

一頭でも多くの命を救うため皆様のご協力をお願いいたします

~まちをきれいに~

犬は散歩のとき

  • トイレを自宅ですませてから散歩に出かけましょう。(しつけを行うことで、自宅でトイレができるようになります。しつけの方法は、動物愛護指導センターへお問い合わせ下さい。)
  • 必ずリードにつなぐ。
  • 道路を歩くときはリードを短く保つ。また、伸縮リード(フレキシブルリード)を長くしての散歩は、犬が轢かれたり他人に怪我をさせてしまうなどの事故の恐れがあるため、短くロックし、周囲に十分注意を払って使用する。
  • ふんの持ち帰り用具を持ち歩き、ふんをしてしまった場合は必ず持ち帰り、紙に包んで可燃ごみとして処理する。
  • おしっこは水で流す。さらに、マナーベルトを着用したり、ペットシーツに吸わせるなどの配慮をしましょう。

飼い猫は屋内飼養に努める

マナーを守って飼いましょう(船橋市動物愛護指導センター)

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

-

地図

この記事についてのお問い合わせ

動物愛護指導センター

〒273-0016千葉県船橋市潮見町32-2

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・年末年始(12月29日から1月3日まで)

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。