中小企業融資 利子補給と保証料補給

更新日:令和元(2019)年9月27日(金曜日)

ページID:P000535

船橋市中小企業融資資金利子補給について

市では、中小企業者が、船橋市中小企業融資制度を利用した場合、金利負担の軽減を図り事業の振興に資することを目的に、利息の一部を補給しています。
利子補給金は、1月から12月までの間に金融機関に支払った利息の一部について、翌年の1月10日頃から末日頃までに補給申請することにより支払われます。
対象者には1月上旬に当年度の申請期間を記載した申請書類一式を送付いたします。

また、さらに支援を充実するため、平成28年度より市の融資制度に加え、日本政策金融公庫の一部の融資についても、下記のとおり利子補給の対象としています。

(1)小規模事業者経営改善資金(マル経融資)
(2)新創業融資制度
(3)挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)※企業再生貸付によるものを除く。

いずれも、補給率は年0.5%または融資金利(年利)の2分の1のどちらか低い利率で、補給期間は5年以内となります。

<日本政策金融公庫の融資についての問合せ先・申込先>

(1)小規模事業者経営改善資金(マル経融資):船橋商工会議所☎435-8211
(2)新創業融資制度と(3)挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン):株式会社日本政策金融公庫 船橋支店☎433-8252

利子補給の要件

  • 市内に事業所・店舗を有し、同一の事業を引き続き営んでいること。
  • 融資を受けた対象資金の返済を延滞していないこと。
  • 市税を滞納していないこと。
  • 商工会議所の経営指導を受けること。(日本政策金融公庫の融資に対する利子補給を受ける方のみ)

※申請がない場合は補給されませんので、ご注意ください。

※また、元金据置による返済条件の変更を行い、市が指定する「特定経営診断」を受診しなかったとき、もしくは「特定経営診断」の結果、利子補給を継続することの妥当性がないと市が判断したときも補給されません。

船橋市中小企業融資保証料補給について

市が行っている融資制度は、中小企業者の信用補完機関である信用保証協会の信用保証のもとに実施しています。この保証委託に伴う支払いが保証料であり、委託者である中小企業者が信用保証協会に支払うことになっています。

【参考】 下表の9区分より保証協会にて保証料率が決定
※創業支援資金および特定中小企業者対策資金は一定料率0.8%以下
※東北地方太平洋沖地震に係る罹災証明書・被災証明書を添付した災害復旧資金は一定料率0.7%以下

保証料率
区分(保証料率(%)) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
責任共有対象外 2.20 2.00 1.80 1.60 1.35 1.10 0.90 0.70 0.50
責任共有対象 1.90 1.75 1.55 1.35 1.15 1.00 0.80 0.60 0.45

市では、保証料率が1.35%を超えた中小企業者を対象に、決定保証料率より1.35%を減じて算出した金額を、融資期間年数に分割して保証料補給します。翌年の1月10日頃から末日頃までに補給申請することにより支払われます。
対象者には1月上旬に当年度の申請期間を記載した申請書類一式を送付いたします。

  • 船橋市障害者雇用優良事業所表彰を受けた事業者の保証料は全額補給。
  • 船橋市の創業支援等事業計画に位置付けられた特定創業支援等事業を修了したことを市長が認める事業者の創業支援資金についての保証料は全額補給。

保証料補給の要件

  • 市内に事業所・店舗を有し、同一の事業を引き続き営んでいること。
  • 融資を受けた対象資金の返済を延滞していないこと。
  • 市税を滞納していないこと。

※申請がない場合は補給されませんので、ご注意ください。

この記事についてのお問い合わせ

商工振興課 経営労政係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。