船橋版簡易BCP(事業継続計画)策定シートをご活用ください!

更新日:令和3(2021)年11月26日(金曜日)

ページID:P075703

 BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)とは

 BCPとは、企業が自然災害、大火災などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能にするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。
 緊急時に倒産や事業縮小を余儀なくされないためには、平常時よりBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります。こうした企業は、顧客の信用を維持し、市場関係者から高い評価を受けることとなり、株主にとって企業価値の維持・向上につながります。

 「船橋版簡易BCP策定シート」をご活用ください!

 市では、市内中小企業のBCP(事業継続計画)策定を推進するために、市内に立地している事業者の皆さまが、市内の抱える災害リスクを認識し、わかりやすく簡単にBCPを策定していただくことを目的に「船橋版簡易BCP策定シート」及び「船橋版簡易BCP策定手引き」を作成いたしました。
 これらを活用していただくことで、市内の中小企業、小規模事業者の皆様にBCPの取組みの第一歩としていただきたいと考えています。

「船橋版簡易BCP策定シート」

「船橋版簡易BCP策定シート【記入例】」

「船橋版簡易BCP策定手引き」

大手損害保険会社4社との協定について

大手損害保険会社4社との協定締結

平成28年7月14日に東京海上日動火災保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、及びあいおいニッセイ同和損害保険株式会社の三社、令和2年10月14日に三井住友海上火災保険株式会社とそれぞれ船橋市BCP(事業継続計画)策定支援に関する協定書を締結いたしました。
大手損害保険会社とのBCP策定支援に関する協定の締結は県内初となります。
詳細はこちらをご覧ください。

BCP策定への支援内容

協定を締結した4社によるBCP策定セミナーを年4回実施いたします。セミナー参加後、BCP策定を希望する事業者に対しては、損害保険会社の担当者による個別の策定支援を行います。
また、今後「船橋版簡易BCP策定シート」を活用した策定支援セミナーも開催する予定です。
次回セミナーの開催が決まり次第、ホームページにてご案内いたします。

BCP策定、防災・減災に関する情報提供

事業名 概要 実施主体
地区別防災カルテ 市内24地区コミュニティごとに、各地区の地形や地質、人口の概要、災害の危険性、防災関連施設、避難情報等をまとめています。 船橋市 市長公室 危機管理課
各種防災マップ 津波・地震ハザードマップ、防災マップ、洪水ハザードマップ 船橋市 市長公室 危機管理課
BCP策定運用指南 BCPの策定に関するガイドマップ 中小企業庁
事業継続力強化計画 防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定する制度です。認定を受けた中小企業は、税制優遇や補助金の加点などの支援策が受けられます。 中小企業庁

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

商工振興課 工業係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。