保健所情報誌「Face to Health 新型コロナウイルス感染症対策特別号 No.7(症状が出たら、早めの受診を!)」を発行しました

更新日:令和3(2021)年11月16日(火曜日)

ページID:P026570

保健所では情報誌「Face to Health」を発行しています。

新型コロナウイルス感染症対策特別号(No.7)では、発熱やせき症状などが出た際の受診の遅れが感染の拡大につながることから、速やかな受診をお願いしています。
また、9月以降感染者数が減少していますが、昨年は10月以降感染者数が増加したことから、今一度職場や家庭内での感染対策について特集していますので、引き続き感染対策を徹底してください。
市内ではワクチンを接種した人でも感染者が複数確認されていることから、ワクチンを接種しても引き続き感染対策をお願いします。

Face to Health
新型コロナウイルス感染症対策特別号
内容

New!(令和3年10月発行)症状が出たら、早めの受診を!

※令和3年11月15日、船橋市新型コロナウイルス感染症相談センター受付時間変更に伴う改訂含む

症状が出たら、速やかな受診をお願いします。受診の遅れが感染の拡大につながります。
(令和3年7月発行)働く世代(特に40~50代)も要注意!中等症の感染者が急増しています 会社員の一日でマスクをはずしがちな「つい油断!」の場面などを特集しています。

(令和3年5月発行)基本的な感染対策が緩みやすい注意したい3つの場面「カ・カ・シ」

基本的な感染対策が緩みやすい注意したい3つの場面および高齢者が特に気をつけるべき理由などを特集しています。
(令和3年4月発行)新生活のスタートや大型連休到来 人が集まる機会が増える今、改めて注意しよう! 特に若者が気を付けたい場面や感染リスクが高まる場面を特集しています。
(令和3年4月発行)初めてでもわかる!新型コロナウイルス感染症ワクチン 新型コロナワクチンの効果や注意点、接種までの流れ等を解説しています。
(令和3年3月発行)コロナの不安これで解決!

新型コロナウイルスへの感染が疑われてから、療養解除に至るまでの流れや注意点を時系列に沿って解説しています。

(令和2年12月発行)感染者が急激に増加しています!感染リスクが高まる行動を避けよう! 感染リスクの高まる5つの行動と家庭内感染対策を見直して感染を広げないようにする方法を特集しています。

「Face to Health 新型コロナウイルス感染症対策特別号」については、新型コロナウイルス感染症対策保健所本部 広報班(047-409-1898)に、お問い合わせください。

また、新型コロナウイルスに関する一般的な相談や症状がある方は、船橋市新型コロナウイルス感染症相談センターにお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症対策特別号以外の過去の情報誌については下記ファイルをダウンロードしてご覧ください。

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

保健所保健総務課 総務企画係

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。