統計の日

更新日:令和元(2019)年6月11日(火曜日)

ページID:P034188

統計の日とは

「統計の日」(10月18日)は、統計の重要性に対する関心と理解を深めていただき、統計調査に対してより一層のご協力をいただくため、昭和48年7月3日の閣議了解によって定められました。

10月18日(太陰暦で明治3年9月24日を太陽暦に換算した日)は、「府県物産表」に関する太政官布告が公布された日です。「府県物産表」は、我が国最初の近代的生産統計といわれています。各府県ごとにその区域内の農林水産物や鉱工業生産物の個々の品目について、その生産高(算出高)をもらさず報告するよう求めて作成した統計であり、我が国の統計の発展過程で重要な役割を果たしました。

統計の役割

統計調査は、行政施策の企画立案や社会・経済活動の動向を示す資料として広く各方面で利用され、その果たす役割は一層重要性を増してきています。
調査対象となる世帯や事業所・企業の皆様の統計調査へのご理解とご協力をお願いいたします。

2019年度「統計の日」標語を募集します!

総務省では、10月18日の「統計の日」を広く知ってもらうため、毎年ポスター等の広報媒体に活用される標語を募集しています。

応募資格

1.小学生の部:小学校の児童

2.中学生の部:中学校の生徒

3.高校生の部:高等学校の生徒

4.一般の部:上記以外の学生及び一般の方

5.統計調査員の部:統計調査員又は登録調査員の方

6.公務員の部:各府省、都道府県、市区町村の職員

応募期間及び応募先

1.小学生の部 ~ 4.一般の部

応募は締め切りとなりました。

5.統計調査員の部及び6.公務員の部

応募は締め切りとなりました。

応募方法

応募用紙(エクセル形式)を使用し、各応募先へFAX、メール又は郵送にてご応募下さい。

応募作品は、自作で未発表のものに限り1人5作品まで応募できます。

なお、応募用紙以外で応募される方は、各部共通で「部門」「標語」「お住まいの都道府県名」「電話番号」「氏名(ふりがな)」を記入するほか、小学生の部・中学生の部・高校生の部の方は「学校名」及び「学年」を記入し、FAX、メール又は郵送にてご応募下さい。  


平成30年度「統計の日」標語が決定しました!

総務省にて平成30年2月1日(木曜日)から3月31日(土曜日)にかけて募集を行ったところ、多数の応募を頂きました。
応募作品について数次にわたる審査の結果、以下のとおり特選作品等を各府省統計主管部局長等会議において決定いたしました。

【特選作品】

◎統計調査員の部
 活かせ統計、未来の指針。(群馬県藤岡市統計調査員 鹿沼 十三二)

【佳作作品】

◎小学生の部
 調べたい もっと知りたい ぼくのまち (兵庫県西脇市立日野小学校4年 大江 清覇) 

◎中学生の部        
 進むべき 未来の ヒントは 統計に (愛知県尾張旭市中学生 松下 孝誠)

◎高校生の部
 統計は 確かな明日の 推進力 (鹿児島県鹿児島県立伊集院高等学校3年 中村 悠汰)

◎一般の部
 統計で知る 小さな兆候 大きな展望 (東京都 鮎川 郁夫)

◎公務員の部
 次世代へ 未来を託す 確かな統計 (財務省名古屋税関職員 藤井 和芳)

                      (敬称略、学年は平成30年6月現在)

【応募数】

総数 …………………… 9,817点
うち 小学生の部 ………  632点
中学生の部 ……………  1,568点
高校生の部 ……………  1,140点
一般の部  ……………  2,068点
統計調査員の部 ……… 2,651点
公務員の部 ……………  1,758点

 

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

総務課 統計係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。