統計の日

更新日:令和元(2019)年9月11日(水曜日)

ページID:P034188

統計の日とは

「統計の日」(10月18日)は、統計の重要性に対する関心と理解を深めていただき、統計調査に対してより一層のご協力をいただくため、昭和48年7月3日の閣議了解によって定められました。

10月18日(太陰暦で明治3年9月24日を太陽暦に換算した日)は、「府県物産表」に関する太政官布告が公布された日です。「府県物産表」は、我が国最初の近代的生産統計といわれています。各府県ごとにその区域内の農林水産物や鉱工業生産物の個々の品目について、その生産高(算出高)をもらさず報告するよう求めて作成した統計であり、我が国の統計の発展過程で重要な役割を果たしました。

統計の役割

統計調査は、行政施策の企画立案や社会・経済活動の動向を示す資料として広く各方面で利用され、その果たす役割は一層重要性を増してきています。
調査対象となる世帯や事業所・企業の皆様の統計調査へのご理解とご協力をお願いいたします。


令和元年度「統計の日」標語が決定しました!

総務省にて平成31年2月1日(金曜日)から3月31日(日曜日)にかけて募集を行ったところ、多数の応募を頂きました。
応募作品について数次にわたる審査の結果、以下のとおり特選作品等を各府省統計主管部局長等会議において決定いたしました。

【特選作品】

中学生の部
 数字の先に映し出せ 新たな時代 僕らの未来(宮城県仙台市立第一中学校2年 三浦 叡)

【佳作作品】

小学生の部
しりたいな とうけいでつくる みらいちず (福岡県香陵小学校2年 益地 観那) 

高校生の部
使おう統計 社会のために! (京都府立北桑田高等学校3年 牧 皓亮)

一般の部
統計を 知らない怖さ 知る強さ (岐阜県岐阜市 後藤 順)

統計調査員の部
統計で 知る、見る、分かる 人と今 (滋賀県近江八幡市統計調査員 山田 恵美)

公務員の部
その決断 支える礎 確かな統計 (財務省名古屋税関職員 山下 雅也)

                      (敬称略、学年は令和元年6月現在)

【応募数】

総数 …………………… 10,020点
うち 小学生の部 ………  409点
中学生の部 ……………  1,172点
高校生の部 ……………  1,812点
一般の部  ……………  2,822点
統計調査員の部 ……… 2,312点
公務員の部 ……………  1,493点

 

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

総務課 統計係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。