理容所・美容所における器具等の消毒について

更新日:平成28(2016)年2月28日(日曜日)

ページID:P015546

皮膚に接する器具類の消毒

皮膚に接する器具類は、客1人ごとに消毒した清潔なものを使用しましょう。

かみそり等

かみそり(頭髪のカットのみの用途(レーザーカット)に使用するかみそりを除く。)及びかみそり以外の器具で、血液の付着しているものまたはその疑いのあるもの。

洗浄する

消毒する前に家庭用洗剤をつけたスポンジ等を用いて、器具の表面をこすり、十分な流水(10秒間以上、1リットル以上)で洗浄する。

消毒する

消毒は次のいずれかの方法により行う。

かみそり等の消毒方法
使用する消毒器具・消毒薬 消毒方法
煮沸消毒器 沸騰してから2分間以上煮沸すること
エタノール 76.9v/v%~81.4v/v%エタノール液(消毒用エタノール)中に10分間以上浸すこと
次亜塩素酸ナトリウム 0.1%次亜塩素酸ナトリウム液(有効塩素濃度1,000ppm)中に10分間以上浸すこと

消毒後流水で洗浄し、よくふく

かみそり以外の器具で血液が付着している疑いのないもの

洗浄する

消毒する前によく洗浄する。

消毒する

消毒はかみそり等と同様の方法、または次のいずれかの方法により行う。

血液が付着している疑いのないものの消毒方法
使用する消毒器具・消毒薬 消毒方法
紫外線照射 紫外線消毒器内の紫外線灯より85μw/㎠以上の紫外線を連続して20分間以上照射すること
蒸し器等による蒸気 器内が80℃を超えてから10分間以上湿熱に触れさせること
(温度計により器内の最上部の温度を確認すること)
エタノール 76.9v/v%~81.4v/v%エタノール液(消毒用エタノール) を含ませた綿もしくはガーゼで器具表面をふくこと
次亜塩素酸ナトリウム 0.01%~0.1%次亜塩素酸ナトリウム液(有効塩素濃度100~1,000ppm)中に10分間以上浸すこと
逆性石ケン液 0.1%~0.2%逆性石ケン液(塩化ベンザルコニウムまたは塩化ベンゼトニウム)中に10分間以上浸すこと
グルコン酸クロルヘキシジン 0.05%グルコン酸クロルヘキシジン液中に10分間以上浸すこと
両性界面活性剤 0.1%~0.2%両性界面活性剤液(塩酸アルキルポリアミノエチルグリシンまたは塩酸アルキルジアミノエチルグリシン)中に10分間以上浸すこと

タオル、布片類の消毒

皮膚に接する布片類は、清潔なものを使用し、客1人ごとに取り替えましょう。

加熱による場合

使用したタオル及び布片類を洗剤で洗浄した後、蒸し器等の蒸気消毒器に入れ、器内が80℃を超えてから10分間以上保持させること。この場合、器内の最上部のタオル等の中心温度が80℃を超えていないことがあるので、蒸気が均等に浸透するように十分注意すること。

消毒薬による場合

使用したタオル、布片類を次亜塩素酸ナトリウム液に浸し、消毒すること。

※血液が付着したタオル、布片類は、廃棄するかまたは血液が付着している器具と同様の洗浄及び消毒を行うこと。

手指の消毒

従業者は、客1人ごとの作業前及び作業後には手指の洗浄を行い、必要に応じて消毒を行いましょう。

血液、体液等に触れ、目に見える汚れがある場合、あるいは、速乾性擦式消毒薬が使用できない場合

流水と石けんを用いて手指を少なくとも15秒間以上洗浄すること。

上記以外の場合

速乾性擦式消毒薬を乾燥するまで擦り込んで消毒すること。

間接的に皮膚に接する器具類の消毒

次のような器具類は、皮膚に触れることはありませんが、不適切に取り扱うと、皮膚に触れる器具類をウイルス等の病原体で汚染してしまう可能性があります。
これらの器具類を介して病原体がヒトに感染するのを防ぐため、間接的に皮膚に接する器具類についても、その衛生的な取り扱いに十分注意するとともに、器具の種類に応じて、確実に消毒してましょう。

間接的に皮膚に接する器具類の例

シェービングカップ

シェービングに用いるブラシは消毒済みのものを使用することはもちろんですが、カップについても、皮膚に触れたブラシを収納した場合は、その度に洗浄・消毒を行いましょう。

シザーケース

洗浄・消毒が困難な材質のケースについては、施術に使用した器具類を未消毒のまま収納すると、ケースを介してウイルス等が感染する恐れがあります。
そのため、ケースに器具類を収納する場合は、消毒してから収納し、消毒してから使用することにより、ケースを衛生的に管理するようにしましょう。

参考

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所衛生指導課 環境指導係

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。