宅地建物取引業者の方へ 船橋市水害ハザードマップの作成状況

更新日:令和4(2022)年4月5日(火曜日)

ページID:P083337

令和2年8月28日施行の宅地建物取引業法施行規則の一部改正により、水防法の規定に基づき自治体が作成した水害ハザードマップを宅地建物取引の際に重要事項説明として説明しなければならない事項に追加されました。

船橋市が作成している水防法に基づく水害ハザードマップ一覧

区分 作成 ハザードマップの名称 備考
洪水 船橋市洪水・内水・土砂災害ハザードマップ (注)
雨水出水(内水)
高潮

(注)「船橋市洪水・内水・土砂災害ハザードマップ」は国及び県が水防法第14条の規定に基づき公表した対象河川の洪水浸水想定区域と、水防法第14条の2に規定する雨水出水浸水想定区域とは異なる船橋市が作成した内水浸水想定区域を重ね合わせて作成しています。

(注)令和4年3月29日に千葉県において公表された河川の洪水浸水想定区域は反映しておりません。千葉県において公表した洪水浸水想定区域はこちら(千葉県ホームページ)からご確認いただけます。

船橋市洪水・内水・土砂災害ハザードマップはこちらから閲覧できます。

 洪水浸水想定区域と内水浸水想定区域の判別について

想定最大規模の降雨においては、洪水氾濫と内水氾濫が同時発生することが想定されます。
「船橋市洪水・内水・土砂災害ハザードマップ」では、適切な避難行動をとるために必要な水害リスク情報の充実を目的として、洪水浸水想定区域と内水浸水想定区域を重ね合わせて表示しており、各々の浸水想定区域が重なる場合には、より浸水深が深い方を表示しています。
このため、取引対象物件の所在地における浸水想定区域が洪水、内水のどちらの浸水想定区域によるものなのか確認が必要な場合は、下記リンク先にある国及び県が公表している想定最大規模における浸水想定区域図やふなばし生き生きふれあいマップをご参照ください。

各河川の洪水浸水想定区域(想定最大規模)について

【水位周知河川】
千葉県ホームページ (海老川・真間川・高崎川) 

【水位周知河川以外】
千葉県ホームページ ( 印旛放水路(大和田排水機場~東京湾区間)及び勝田川、高谷川、富ヶ沢川、法目川、秣川、菊田川及び支川菊田川、高瀬川、谷津川)

【洪水予報河川】
江戸川河川事務所ホームページ(江戸川)
利根川下流河川事務所ホームページ(利根川)
国土交通省ホームページ「重ねるハザードマップ」(江戸川・利根川)

ふなばし生き生きふれあいマップ「浸水想定区域図」
船橋市の様々な情報を地理情報システム(GIS)を使用して、パソコンやスマートフォンを通して市民の方へ配信しており、このシステムを用いて、国及び県が公表している想定最大規模による浸水想定区域図等を河川や内水ごとに表示しています。

このページについてのご意見・お問い合わせ

危機管理課

〒273-8501 千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日