薬円台公民館【12月26日~2月7日まで休館】

更新日:令和3(2021)年1月9日(土曜日)

ページID:P011028

薬円台公民館

住所
〒274-0077千葉県船橋市薬円台5-18-1(薬円台児童ホーム)
電話番号(代表)
047-469-4535
FAX番号
047-469-4534
受付時間
午前9時から午後5時(開館は午後9時30分まで)
休館日
原則毎月の最終月曜日(最終月曜日が28日にあたる場合は、21日を休館日とする)・祝休日(祝日が日曜日と重なる場合は、日曜日は開館し、翌日の月曜日は休館とする)・12月29日から1月3日
交通案内
新京成線薬園台駅から徒歩約3分
AED
あり

船橋市老人憩いの家・船橋市薬円台児童ホーム併設

  • 新京成線薬園台駅下車 徒歩3分
  • 京成・新京成バス薬園台駅入口・薬円台1丁目 バス停下車徒歩5分

江戸時代中期、八代将軍徳川吉宗の時代に、幕府御用医師並の丹羽正伯と薬種商人の桐山太右衛門が幕府の命を受け小金下野牧(幕府の牧場)の一部に、幕府直轄の薬草を育てる「薬園」(薬草園)を開 きました。「薬園」はまもなく廃止されたが、それに前後して付近に新田が開かれて、その名を「薬園台新田」と言いました。この薬園台の名称が明治以降地区の地名として定着しました。昭和48年に、 この地区の住居表示が実施されて、現在の「薬円台」となっています。

公民館のご利用についてはこちらからどうぞ

お知らせ

 公民館施設12月26日~2月7日まで休館いたします

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大およびそれに伴う医療提供体制の逼迫を受け、人と人との接触や人が集まる機会を可能な限り減らすため、公民館施設の休館および市主催(共催)イベント・事業の中止方針を決定いたしました。

休館期間
 令和2年12月26日(土曜日)~令和3年2月7日(日曜日)
 ※期間延長の可能性あり
 なお、公民館図書室の貸し出し・返却等の利用は可能です(毎週月曜日及び1月14日木曜日を除く)

市主催(共催)のイベント・事業の中止について
 やむを得ないものを除き、イベント・事業は3月末まで中止
 ※期間延長の可能性あり 

【新型コロナウイルス感染症防止対策】公民館の利用基準及び事業等の実施について(12月26日~2月7日まで休館)

 10月1日より、これまで飛沫等の影響により制限があった、トランペット・ハーモニカ・オカリナ・尺八等の吹奏楽器の演奏や、合唱・詩吟・謡曲・演劇、吹き矢、競技ダンス等について、追加基準を遵守することにより、利用可能といたします。

 また、11月以降のイベント・事業の実施につきましては、市の基本事項を基に、感染症対策を定めたガイドラインの作成や安全性の強化を施したうえで、順次実施してまいります。

 詳細については、こちらをご覧ください。

 ご利用の皆様におかれましては、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

 ※安全にご利用いただくため、職員が活動内容を確認させていただく場合がありますので、ご了承下さい。

 ※飛沫感染予防対策として移動式のフィルムパーテーションを用意しておりますので、有効にご活用下さい。

公民館再開時の新基準の定員について

薬円台公民館

施設名 

旧基準 新基準
定員(人)

1人当たり2.25平方メートルで

試算した場合の定員(人)

講堂 270 131
第一集会室 40 23
第二集会室 40 25
第三集会室 35 23
第一和室 25 8
第二和室 25 9
実習室 36 32
音楽室 50 28

令和2年8月1日から使用料を変更します 

 今後、少子高齢化のさらなる進行や公共施設の老朽化など、船橋市を取り巻く環境が厳しくなっていく中、財政状況は切迫していくことが見込まれています。このような状況下においても、引き続き安定的な市民サービスを提供していくために、令和元年度・2年度を集中取組期間とした行財政改革に取り組んでいます。

 この度、行財政改革の一環として、「使用料・手数料の算定の基本的な考え方」を見直したことに伴い、令和2年8月1日から使用料を変更します。

「令和2年8月1日以降の使用料の変更について」

令和2年度「市民の力活用事業」企画募集期間終了について

令和2年度「市民の力活用事業」につきましては、企画募集期間を終了いたしました。

-

地図