船橋市環境基本計画

更新日:平成31(2019)年3月29日(金曜日)

ページID:P009545

1 策定の背景・趣旨

本市は、環境への負荷の少ない持続的に発展することができる社会の構築を目指して平成9年3月に船橋市環境基本計画を策定し、各種の環境保全の取り組みを推進してきました。
しかし、計画策定後十数年が経過し、環境保全の取り組みには一定の進展がみられたものの、その間に環境に関わる新たな法の施行や計画の策定があり、循環型社会実現に向けた取り組みの強化、世界規模で深刻化しつつある地球温暖化問題への対応、生物多様性の確保に向けた取り組みの推進などが必要となったことから、新たな「船橋市環境基本計画」(計画期間:平成23年度から平成32年度までの10年間)を策定しました。
本計画は、船橋市環境基本条例の基本理念を受けて、市民、事業者、市が一体となって環境の保全及び創造に関する施策を推進することにより、人と自然が共生する環境づくりに努め、現在及び将来の市民が健全で良好な環境の恵みを受けることができるようにすることを目的とします。
これを受けて、本計画では本市が目指す望ましい環境像を次のとおり定め、この環境像の実現を目指します。

“みんなでつくり 未来へつなぐ 恵み豊かな環境”

2 計画の内容

船橋市環境基本計画(パンフレット)(PDF形式 376KB)

船橋市環境基本計画(概要版)(PDF形式 462KB)

船橋市環境基本計画(本文)

3 年次報告書

計画の進捗状況を調査・検討するために、年度ごとに施策の成果を評価し、年次報告として取りまとめることとしています。

報告書の内容の修正について(平成30年3月9日)

 平成28年度年次報告書(64ページ)において、市内における太陽光発電システムの設置総kW数の現状値(平成28年度)に誤りがありました。

正誤表(PDF形式 77KB)

4 計画の中間見直し

計画策定以降、課題解決への取組には一定の進展が見られたものの、国レベルでの再生可能エネルギーの普及や福島第一原発事故による放射性物質の拡散といった市を取り巻く状況が大きく変化しているため、新たな課題等に対応すべく、環境基本計画(計画期間:平成23年度~平成32年度)の中間年である平成27年度に見直しを実施いたしました。
見直しにあたっては、年次報告書で評価の対象となっている“第5章 施策の展開”の個別施策及び進行管理指標を見直し範囲といたしました。また、個別施策への施策の追加、表現の変更や統合等を行い、具体的な数値目標を設定している進行管理指標については、数値目標の見直し等を行いました。

第5章ー施策の展開(見直し後)(PDF形式 839キロバイト)

個別施策及び進行管理指標の見直し一覧(PDF形式 318キロバイト)

5資料

計画の策定方式

新たに策定された船橋市環境基本計画は、船橋市環境基本計画策定委員会(委員数 12名)を設置し、平成21年度から2年間で策定を行いました。
船橋市環境基本計画策定委員会設置要綱(PDF 71KB)

船橋市環境基本計画策定委員会議事録要旨

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 環境政策係

千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。