雨水整備計画

更新日:平成31(2019)年2月5日(火曜日)

ページID:P065650

雨水整備の現況について

 本市雨水整備の現況としては、市中心市街地を含み地形的にも低地に位置し、かつては浸水の常襲区域であった西浦処理区(主に汚水と雨水を同時に処理する合流区域)を中心に雨水整備を先行してきており、分流区域エリアでは、一部の地区を除いてほとんど未整備の状態であります。また、市街化された地域では既設管等の雨水排水能力を上回る降雨により浸水被害が発生しています。

雨水整備計画について

 限られた予算と短期に浸水被害の軽減を図るべく、選択と集中を念頭に、市内139排水区(当時)について過去の浸水被害などから、詳細に検討すべき34排水区を抽出し、詳細シミュレーション結果などから、優先整備地区として6地区を選定しました。5年に1回程度発生する大雨に対応できる下水道事業による雨水整備を進め、”雨に強いまちづくり”を目指します。

雨水整備計画

 また、6地区の中でも排水区全体の整備を行うのではなく、下水道の全体計画に位置付けられた主要な雨水管渠等を先行建設し、被害地区に集中した効果的な段階的整備を推進し、早期の被害軽減を図っています。また、浸水被害状況により、現地状況等を勘案したスポット的な対策である緊急対策(局所排水ポンプ、河川の部分的な暫定改修、流出抑制施設、既存施設の有効利用、グレーチング蓋への取換え、集水施設整備など)とも整合を図りながら整備を進めていきます。

整備イメージ

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

下水道河川計画課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。