収集車で火災-小型充電式電池が原因-

更新日:令和3(2021)年2月24日(水曜日)

ページID:P089365

(令和3年2月20日)小型充電式電池が原因と思われる発火事故がありました。

令和3年2月20日(土曜日)に、不燃ごみもしくは粗大ごみとして出していただく掃除機が可燃ごみとして排出され、その小型充電式電池が原因と思われる収集車の発火事故がありました。

このような事故が発生すると、作業員や周囲の方などの人命に関わる重大な事故につながります。
本体から取り外したリチウムイオン電池やモバイルバッテリーなどの小型充電式電池は、市では収集することのできない処理困難物に該当しますので、絶対に可燃ごみとして排出しないでください。

過去にも同様の事例が生じています(詳しくはこちら)。

ごみ収集車火災

モバイルバッテリー火災

分別方法の例 

掃除機 不燃ごみ、粗大ごみ
スプレー缶、卓上ボンベ 必ず中身を使い切ってから、穴を開けずに資源ごみ
使い捨てライター
(プラスチック製)
ガスを必ず使い切ってから、水に浸して、発火しないようにして可燃ごみ
※大量(1回につき6個以上)に処分する場合は、クリーン推進課にご相談ください(過去に発火事故がありました)
使い捨てライター
(金属製)
ガスを必ず使い切ってから、水に浸して、発火しないようにして不燃ごみ
※大量(1回につき6個以上)に処分する場合は、クリーン推進課にご相談ください(過去に発火事故がありました)
電動補助機能付自転車 粗大ごみ
使用済み小型充電式電池 電器店やスーパーなどにある「リサイクル協力店」の「小型充電式電池リサイクルBOX」を利用(詳しくはこちら

その他の分別につきましてはこちらをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

クリーン推進課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。