市役所職員の名をかたった不審電話が多発しています

更新日:平成28(2016)年3月29日(火曜日)

ページID:P001877

市では、還付金などの手続きでATMの操作をお願いすることは絶対にありません。!
このような電話があったら、一旦電話を切り、まず市役所の担当部署に確認を!!

市役所職員の名をかたった振り込み詐欺と思われる電話が多発しています。

手口としては、市役所の健康保険課や介護保険課の職員を名乗って電話をかけ、「還付金の通知を出したが、返信が無い。期限切れ間近だが(又は期限が切れたが)、今ならATMで手続すれば間に合う」などと言ってATMまで誘導し、言葉巧みにATMを操作させ、預貯金を自分の口座に振り込ませようとするものです。

また、最近では、銀行などの金融機関から改めて電話をさせると伝え、実際に金融機関の職員と名乗る者から電話をがかかってくるケースも目立ちます。

市では、還付金などの手続きでATMの操作をお願いすることは絶対にありません。
また、市が金融機関にお願いして、市民の方に連絡させることも絶対にありません。

もしこのような電話がかかってきましたら、一旦電話を切り、まず市役所の担当部署に確認してください。
その際、相手が告げた電話番号に折り返しかけるのではなく、市役所の代表電話(047-436-2111)に電話をかけて、担当部署につないでもらうようにしてください。

この記事についてのお問い合わせ

国保年金課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。