市内の工場などのダイオキシン類排出状況の報告

更新日:令和元(2019)年7月1日(月曜日)

ページID:P003441

ダイオキシン類対策特別措置法第28条第4項の規定に基づき、排出事業者が実施した自主測定結果を公表します。

ダイオキシン類対策特別措置法第28条第1項および第2項の規定に基づき、廃棄物焼却炉などの特定施設の設置者は、排出ガス、排出水、ばいじん及び焼却灰その他の燃え殻に含まれているダイオキシン類の濃度を毎年1回以上自主測定し、市等に報告することになっています。
なお、報告された内容は以下のとおりであり、全ての事業者の施設において法の規制基準を満足していました。

大気にかかる報告

表1 排出ガス中のダイオキシン類測定結果(製鋼用電気炉)

工場・事業場名 所在地 施設名 設置年月日 設備能力 採取年月日 測定結果 備考

合同製鐵株式会社
船橋製造所

南海神2-2-1

2号電気炉 S50.6.1 60,000kVA H30.9.22 0.63
H30.9.29 0.0084
H30.9.22 0.0040

(注)測定結果の単位は全てng-TEQ/m3N


表2 排出ガス及び燃え殻等のダイオキシン類測定結果(廃棄物焼却炉)
 

工場・事業場名 所在地 施設名 設置年月日 焼却能力 火床面積 種類 採取年月日 測定結果 備考
船橋市北部清掃工場 大神保町1360-1 1号焼却炉 H27.4.7 5,292 22.05 排出ガス H30.7.23 0.00012
2号焼却炉 H27.4.7 5,292 22.05 H30.6.4 0.000037
3号焼却炉 H27.4.7 5,292 22.05 H30.6.4 0.0000018
燃え殻等 焼却灰 H30.10.1 0.0015
ばいじん H30.10.1 0.41
船橋市南部清掃工場 潮見町38 1号焼却炉 S61.9.16 5,208.3 33.6 排出ガス H30.9.5 0.18
2号焼却炉 S61.9.16 5,208.3 33.6 H30.9.4 0.13
3号焼却炉 S61.9.16 5,208.3 33.6 H30.11.20 0.11
燃え殻等 焼却灰 H30.9.4 0.00064
ばいじん H30.9.4 1.6
日本メサライト工業株式会社 西浦3-9-2 No.2キルン H1.1.15 12,800 排出ガス 休止中 休止中
No.3キルン S59.10.26 H30.6.8 0.22
H30.11.9 0.18
ばいじん H30.6.8 0.20
H30.11.9 0.000021
誠和工業株式会社潮見工場 潮見町36-2 廃棄物焼却炉 H20.2.1 1,623 排出ガス H30.12.5 3.8
燃え殻等 燃え殻 H30.9.7 0.24
飛灰 H30.9.7 1.1

(注)単位は焼却能力:kg/時間、火床面積:平方メートル、測定結果は排出ガス:ng-TEQ/m3N、燃え殻等(焼却灰、ばいじん):ng-TEQ/g

表3 排出ガス及び燃え殻等のダイオキシン類測定結果(小型焼却炉)

工場・事業場名 所在地 設置年月日 焼却能力 火床面積 種類 採取年月日 測定結果 備考
有限会社東葛産業

車方町1135-11

H4.5.31 90 1.32 排出ガス H30.10.24 8.2
焼却灰 H30.10.25 0

日鉄住金鋼板株式会社
船橋製造所

西浦1-1-1

S47.2.24 50 1.57 排出ガス H30.10.25 0.15
焼却灰 H30.10.25 0.00061

(注)単位は焼却能力:kg/時間、火床面積:平方メートル、測定結果は排出ガス:ng-TEQ/m3N、焼却灰及びばいじん:ng-TEQ/g

水質にかかる報告

全ての工場・事業場について排出水がなかったため、測定結果の報告はありません。

ダイオキシン類対策特別措置法に係る排出基準について

表4 大気にかかる排出基準(排出ガス)

既設(~平成12年1月14日) 新設(平成12年1月15日~)
基準適用期間 平成14年12月1日~ 平成12年1月15日~
製鋼用電気炉 5 0.5
廃棄物焼却炉(焼却能力) 4t/時以上 1 0.1
2~4t/時 5 1
2t/時未満 10 5

(注)排出基準は特定施設から大気中に排出されるガスに適用されます。 (単位:ng-TEQ/m3N)

表5 水質にかかる排出基準

既設(~平成12年1月14日) 新設(平成12年1月15日~)
基準適用期間 平成15年1月15日~ 平成12年1月15日~

廃棄物焼却施設の廃ガス洗浄施設、湿式集じん施設及び

汚水又は廃液を排出する灰の貯留施設

10 10

(注)排出基準は事業場から公共用水域に排出される水に適用されます。 (単位:pg-TEQ/L)

燃え殻等の処分基準について

特定施設である廃棄物焼却炉の集じん機で集められたばいじん、焼却灰等の燃え殻を処分するときは、ダイオキシン類濃度が 3 ng-TEQ/g を超える場合は特別管理産業廃棄物として処分を行う必要があります。

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 大気・騒音係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。