下水道の老朽化対策を進めています

更新日:平成31(2019)年2月6日(水曜日)

ページID:P067615

下水道施設の老朽化対策

船橋市の下水道事業は、昭和35年から建設に着手し、生活環境の改善、浸水被害の防除、自然環境の保全を図るため、現在も施設の整備を進めています。
古くなった施設は劣化により、道路の陥没や処理機能の低下を引き起こすことがあります。こういった事態を防ぐため、市では国の交付金制度を活用し、計画的に対策を進めています。

下水道施設の老朽化対策に関する計画の表

下水道施設の管理方法

ストックマネジメント計画では、船橋市が管理する下水道施設全体を対象に、施設の特性に応じて3つの管理方法を設定しています。

下水道施設の管理方法の表

下水道施設の老朽化対策の実施

老朽化した管路施設は、管の入れ換えや管更生により対策を実施しています。管更生は管の内面から補強する技術で、道路掘削を行わずに対策を実施することができます。

本管更生の施工前後の写真

下水処理場においても多くの設備で老朽化が進行しているため、交換等の対策を進めていきます。

処理場の老朽化状況の写真

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

下水道河川計画課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。