「トップアスリートが教える陸上教室」を実施しました(令和元年7月30日)

更新日:令和元(2019)年8月1日(木曜日)

ページID:P072093

kaikaisiki  toraininng1

training2  training3

syugou1  syuugou2

令和元年7月30日(火曜日)、ヤクルト本社陸上競技部より現役選手を講師にお招きし、小学生を対象とした「トップアスリートが教える陸上教室」を開催しました。これは、東京2020オリンピック・パラリンピックへの興味・関心を高めていただき、スポーツへの取り組み意欲の向上を図ることを目的に実施するもので、昨年度に引き続き、2回目の開催となります。
この陸上教室には、事前公募で選ばれた小学生28名が参加しました。選手たちは、子供たちに模範走法を披露し、一緒に走りながらレッスンを行う中で「陸上の楽しさ」や「速く走るためのコツ」を伝えました。
子供たちは、選手の笑顔とジェスチャーを交えた優しい指導に耳を傾け、速く走るためのポイントを学ぼうと真剣に取り組んでいました。
市では、子供たちがトップアスリートと直接触れ合うこの体験により、陸上競技だけにとどまらず、あらゆるスポーツへの興味・関心が高まることを期待しています。

1.陸上教室の概要

日 時:令和元年7月30日(火曜日)9:00~10:30

会 場:船橋市運動公園陸上競技場(船橋市夏見台6-4-1)

講 師:ヤクルト本社陸上競技部

参加者:船橋市内在住の小学5・6年生 28名

内 容: 9:00~ 開会式
     9:10~ 体操
     9:15~ 実技(3グループに分かれての指導、全体ランニングなど)
    10:20~ 質問コーナー
    10:25~ 閉会式(記念撮影等を行い、10:30解散)

主 催:船橋市

協 力:千葉県ヤクルト販売株式会社 / ヤクルト本社陸上競技部

2.ヤクルト本社陸上競技部

講 師:ヤクルト本社陸上競技部

選 手:川口 将宏 様、 池田 宗司 様、 高宮 祐樹 様、山﨑 翔太 様、

    髙久 龍 様、 小椋 裕介 様、 武田 凜太郎 様、 浅石 祐史 様、

    春日 千速 様、 金子 元気 様、 堀合 大輔 様

監 督:本田 竹春 様   コーチ:石毛 豊志 様、 林 昌史 様

ヤクルト本社陸上競技部

昭和47(1972)年創部。令和元年9月に開催の2020年東京オリンピック男女マラソン日本代表選手選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)に出場する髙久 龍選手や「東京マラソン2016」で日本人トップの高宮祐樹選手など、有力選手を多数擁する名門チーム。社会人駅伝の最高峰である「全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)」には、2019年まで6年連続で出場(累計では39回出場)しているほか、陸上の楽しさを教える市民向けの教室も行っています。

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会生涯スポーツ課 スポーツ振興係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。