「あすチャレ!スクール」を実施しました!

更新日:平成31(2019)年4月1日(月曜日)

ページID:P057612

 船橋市内の小中学校6校で、日本財団パラリンピックサポートセンター主催する「あすチャレ!スクール」を平成29(2017)年11月13日(月曜日)から計4日間実施しました。
 この「あすチャレ!スクール」は、平成32(2020)年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを契機とした教育活動の一環で、平成28(2016)年4月から全国の小中高等学校で行われている体験型授業です。児童生徒がパラアスリートと共にスポーツを体験し、パラスポーツの認知向上、自分とは違う人間の多様性に理解を深め、オリンピック・パラリンピックへの機運醸成を図ることを目的として実施しました。
 授業では、パラリンピック男子車いすバスケットボールの元日本代表選手である神保康広氏を講師に迎え、迫力ある車いすバスケのデモンストレーションを行いました。また、競技用に製造された車いすに児童生徒らが実際に乗り”車いすバスケ大会”を体験しました。
 さらに、神保氏がこれまでにパラスポーツを通じて得た貴重な経験を交えながら、「4つの学び」をテーマとした講話を行いました。
 参加した児童生徒たちは、車いすの操作の難しさを肌で感じ、夢や目標を持つことの大切さを学んだ非常に有意義な時間となりました。
 実施に先立ち、神保氏は市長を訪問し、船橋市での実施に向けて意気込みを市長に伝えました。市長からは、「子供たちが車いすバスケを実際に体験し、神保さんから直接話を伺うことで、パラリンピックやパラスポーツへの関心・理解を深めることができると期待しています。」と話しました。

神保氏の市長表敬 車いすバスケの体験
神保氏の講和 神保氏との集合写真

1.主催・協賛

主催:日本財団パラリンピックサポートセンター
協賛:日本航空株式会社

2.内容 「あすチャレ!スクール」90分プログラム

(1)講師による車いすバスケットのデモンストレーション
(2)児童生徒の代表及び教職員代表による車いすバスケ大会
(3)講話:4つの学び
 ・他者のことを自分事として考える心
 ・障害とはなにか?
 ・可能性に挑戦する勇気
 ・「夢」や「目標」を持つ力

3.実施日・実施校・開始時期

実施日 午前(9:30) 午後(13:30)
平成29年11月13日(月曜日) 飯山満小学校
平成29年11月14日(火曜日) 前原小学校 小室中学校
平成29年11月16日(木曜日) 中野木小学校 坪井中学校
平成29年11月17日(金曜日) 三山東小学校

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会生涯スポーツ課 スポーツ振興係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。