昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対する風しん抗体検査及び定期予防接種を実施します

更新日:平成31(2019)年3月20日(水曜日)

ページID:P068614

 

 船橋市では、国が2022年3月31日までの約3年間にわたって、特定の年齢の男性に対し集中的に風しん抗体検査及び予防接種を実施する方針を示したことを受け、平成31年4月1日から当該男性に対して風しんの抗体検査を実施し、抗体検査の結果「十分な量の風しん抗体がない」人に対して予防接種を実施する予定です(どちらも費用は無料)。
※風しんについては、こちら をご覧ください。 

対象者

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

※国が上記生年月日の男性を対象とした理由
昨年より風しん患者数が増加しており、患者の多くが30代から50代の男性となっています。その原因として、当該生年月日の男性がこれまで公的制度に基づく風しんの予防接種を受ける機会が一度もなく、また、他の世代や同年代の女性と比較して抗体保有率が80%と低い(他はおおむね90%以上)ことから、当該生年月日の男性が対象となりました。

実施期間

 平成31(2019)年4月1日から2022年3月31日まで

ステップ1.市からクーポン券が送付される

 対象者のうち昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた人には平成31(2019)年5月末に市から「クーポン券」を送付(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた人には来年3月に送付)する予定です。
 クーポン券を全国共通の集合契約に参加している医療機関(以下:実施機関)に持参することで、抗体検査及び予防接種を受けることができます。また、会社の健康診断や特定健康診査と同時に受けることも可能です。

※抗体検査及び予防接種を受ける場合にはクーポン券が必要です。船橋市から送付されるよりも前にクーポン券の発行を希望する場合は、4月1日以降に健康づくり課までご連絡ください。

ステップ2.風しん抗体検査を受ける

 風しんに対する抗体が十分かどうかを調べるために、まずは風しん抗体検査を受けてください。
 事前に実施機関に「クーポン券」を持っていることを伝えたうえで予約し、受診日当日は必ず「クーポン券」と本人確認書類(自動車運転免許証等)を持参してください。
 なお、平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受け、抗体が低いと判定されている場合は、検査結果を医療機関に提示することで再度の抗体検査を受けずに予防接種を受けることができる場合があります。

ステップ3.風しん予防接種を受ける

 「ステップ2.風しん抗体検査」にて十分な量の風しん抗体がない(HI法で8倍以下または他の方法でそれに相当する)と判断された人は、MR(麻しん風しん混合)ワクチンの接種を受けてください。接種日当日は必ず「クーポン券」を持参してください。
 なお、ワクチンの在庫の状況により、すぐに接種を受けることができない場合もありますので、予防接種を受ける際は必ず事前に実施機関に確認してください。
 また、対象となるワクチンはMR(麻しん風しん混合)ワクチンのみです。風しん単独ワクチンは対象となりませんのでご注意ください。

実施機関

 全国の指定医療機関等で受けることが可能です。今後、国のホームページにて一覧が公表される予定ですので、公表され次第、本ページから閲覧できるようにします。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所健康づくり課 (予防接種係)

〒273-8506船橋市北本町1-16-55 船橋市保健福祉センター

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。