市の木・市の花

更新日:令和2(2020)年4月7日(火曜日)

ページID:P010195

市の花・木のガイド

 船橋市の花(カザグルマ、ヒマワリ)・木(サザンカ)の選ばれた経緯等を紹介したガイドを発行し、イベント等で配布しています。
 また、こちらからダウンロードも可能です。

市の花 

 第24回全国都市緑化ふなばしフェア開催を記念し、平成19年10月2日に『船橋市の花』を制定しました。市民の皆さんからのアンケートを基に、船橋市の花選定委員会において2種類の花を選びました。
 今後は、市のシンボルとして活用していくとともに、花と緑にあふれるまちづくりを推進してまいります。

子どもたちの夢を育む花「ヒマワリ」

子供たちの夢を育む花「ひまわり」

 広く市民に親しまれており、太陽に向かって咲き、力強く、将来の船橋市の子どもたちに勇気と希望を与える花であることから選ばれました。

大切に守り育てる花「カザグルマ」

大切に守り育てる花「かざぐるま」

 船橋市に自生している貴重種であり、市のシンボルとして、大切に保護し、保存していくべき花であることから選ばれました。

 「カザグルマ」の仲間にはクレマチスなどがあり、世界各地に約300種が自生しており、日本にも約20種が自生しています。
 「大切に守り育てる花」としてカザグルマが選ばれましたが、クレマチスなども、ヒマワリとともにご家庭など身近なところで育ててください。

市の木 「サザンカ」

さざんか 市の木は、昭和48年に開催された千葉県(若潮)国体に向けての記念事業として、市民からの応募により昭和45年に制定しました。

 サザンカはツバキ科の常緑小高木(高さ約3メートル)。四国、九州の暖地に自生しており、葉はだ円形で厚く、秋から冬にかけて美しい花を咲かせます。
 八重咲きと一重咲きがあります。園芸品種が多く、庭園や生け垣などに植栽されます。 

豆知識

サザンカ〔山茶花・茶梅〕
 ツバキ科の常緑小高木で園芸品種は江戸時代の初期から栽培されており、ツバキより耐陰性が強く、秋から初冬にかけにぎやかに咲く木。俳諧では「ひめつばき」ともいう。

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

公園緑地課 計画係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

有料広告欄 広告について
  • バナー広告募集中
  • バナー
  • バナー