幻の品種!白いトウモロコシが初出荷

更新日:令和3(2021)年6月2日(水曜日)

ページID:P092586

船橋市内で栽培されている“白いトウモロコシ”をご存じですか。甘さと見た目の美しさが特徴の品種「ピュアホワイト®」の出荷が5月下旬から本格的に始まりました!

最高糖度19度!生でも食べられます

「ピュアホワイト」は栽培が難しいことや、生産地がおもに北海道であることから、関東近郊の市場にはあまり出回らない希少価値の高い品種です。その幻の品種が船橋市内で栽培されています!

その特徴は何といっても甘さです。ピュアホワイトの平均糖度は18度前後と高く、これはメロンやシャインマスカットにも匹敵する甘さです。それに加えて実も柔らかいため、特に採れたては生でもおいしく食べることができます!

トップ画像

白い粒がつやつやと輝き、思わず手に取りたくなる美しさ

生食画像

カットした生のピュアホワイト。一口かじれば野菜とは思えない甘さとジューシーな果汁が口いっぱいに広がり、どんどん食べ進めたくなるおいしさです!

早い時期の収穫でおいしさアップ

今回取材したかまくら農園は、トウモロコシでは珍しいハウス栽培をしています。屋外の畑で栽培する露地栽培だと本格的な収穫時期は通常6月中旬以降ですが、ハウス栽培にすることで生育を早めることができます。昼と夜の寒暖差によって糖度が増すため、「今の時期のものは糖度も高くおいしくなるんです。よりおいしい時期に食べてもらいたいので」と味にこだわり、今年は春先の暖かさで例年よりさらに1週間程度早い出荷となりました。8月上旬まで収穫できるそうです。

鎌倉さん画像

かまくら農園15代目の鎌倉優希さん

ハウス画像

ハウスの天井ギリギリの約2メートルまで育ったトウモロコシ。暑い時は中の温度が50度近くまで上がるので、作業も一苦労。

こだわりの味は直売で

船橋産の白いトウモロコシは農産物直売所「ふなっこ畑」や市内スーパーの産直コーナー、各農家の直売所で販売しています。見かけたらぜひお手に取ってみてください。

かまくら農園についてはこちらをご覧ください