創立10周年!Bリーグ優勝目指しGO!JETS!

更新日:令和2(2020)年10月19日(月曜日)

ページID:P084482

10月2日(金曜日)、Bリーグが開幕しました。昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で、全試合を終えることなく終了してしまい、リーグ優勝を目指すジェッツにとって不完全燃焼の結果となりました。チーム創立10周年のメモリアルイヤーとなる今季、目指すは悲願のリーグ優勝と天皇杯の二冠。栄光を手にするため、全国のブースターとともに新たな戦いが始まります!

佐藤

1.今シーズンのメンバーはここに注目!

2.ジェッツが誇る最高のエンターテイナー「STAR JETS」

3.バスケ初心者必見 ポジションを知ればもっと楽しく!

4.チームの最新情報は、公式ホームページで!

ホーム開幕戦は”堅守速攻”で快勝!

千葉ジェッツふなばしは、10月17日に船橋アリーナでホーム開幕戦を宇都宮ブレックスと戦いました。新型コロナウイルスの感染対策のため客席の間隔を空けるなど入場者を制限して迎えた開幕戦。小雨が降りしきる中、ジェッツを応援しようと2170人のブースターが会場に足を運びました。
熱気に包まれたホームコートでティップオフ!第1クォーターは、新加入のセバスチャン・サイズ選手とシャノン・ショーター選手を起点に16得点をマークし16-14で終了。第2クォーターは富樫選手が果敢にドライブを仕掛け得点を重ねるも、東地区のライバル・宇都宮ブレックスも一歩も譲らず37-35で後半へ突入します。第3クォーターは佐藤卓磨選手のシュートを皮切りにコー・フリッピン選手などが続き、一気に13連続得点を挙げ、試合を優位に進めました。6点差で迎えた最終クォーター。新加入のショーター選手がこのクォーターで10得点の大活躍。追いすがる宇都宮を突き放し87-78で快勝です!

司令塔の富樫選手を軸に新加入の選手もチームが掲げる“堅守速攻”を体現し、悲願のチャンピオンリング奪取に期待です。

画像 画像

今シーズンのメンバーはここに注目!

キャプテンとしてチームを率いるのは、身長167cmと小柄ながら持ち前のスピードとテクニックで得点を重ねる、ポイントガードの富樫勇樹選手(背番号2)。「今まで以上にチームを見ていき、自分の成長につなげたい」とジェッツの絶対的エースが”司令塔”としてチームをまとめます。

富樫選手

さらに戦力アップ!新加入選手にも注目

今シーズン新加入する4選手をご紹介します!

赤穂

まずは市立船橋高校出身の赤穂雷太選手(背番号6)。青山学院大学に在学し、主力選手としてインカレなどに出場する一方、昨シーズンは「横浜ビー・コルセアーズ」と特別指定選手契約(アマチュア契約)を結び、Bリーグでのプレー経験がある頼もしい存在です。
「シーズンでダンク10本決めたい」と目標を語る赤穂選手が、高校時代を過ごした地元・船橋でどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです!

佐藤

「滋賀レイクスターズ」の主力として活躍した佐藤卓磨選手(背番号14)は、197センチの長身オールラウンダーで、今年度日本代表候補に選出されています。「チームに新しい風を吹き込んで、勝ちにこだわっていきたい」と意気込みます。

サイズ

「サンロッカーズ渋谷」から加入するセバスチャン・サイズ選手(背番号22)は、NBA選手が名を連ねる強豪のスペイン代表歴もあります。205センチの長身でありながら運動力に優れ、ディフェンスで簡単に抜かれないフットワークが強みです。ジェッツの持ち味である”堅守速攻”の強化が期待されます。

ショーター

また、これまでに日本のほかメキシコ、イスラエル、オーストラリア、韓国などのさまざまな国を渡りプレーしてきたシャノン・ショーター選手(背番号12)も加わりました。以前、広島在籍時にジェッツと対戦した時は30点以上を上げる躍動でジェッツを苦しめましたが、そんな彼が今季は心強い味方に。巧みなドリブルと高い得点能力に期待です。

スピーディなゲーム展開でファンを魅了するジェッツのプレーが、さらに白熱すること間違いなし!これまでにないジェッツの戦いがみれることに期待が高まります。

ジェッツが誇る最高のエンターテイナー「STAR JETS」

試合会場の演出に”リーグNO.1”の呼び声が高い千葉ジェッツふなばし。その代表的な存在が、船橋アリーナを華やかに盛り上げ、応援をリードするフライトクルーチアリーダーズ「STAR JETS」。今シーズンは14人のメンバーで、息の合った激しいダンスとまぶしい笑顔で船橋アリーナを盛り上げてくれます。

STAR JETS

コートの床を巨大スクリーンにするプロジェクションマッピングや、照明、音楽、そして炎など、会場のお客さんを楽しませるために趣向を凝らした演出は圧巻。今シーズンはどんなパフォーマンスを「魅せて」くれるのか、「STAR JETS」はさらなる高みを目指します!

ぜひ彼女たちが作り上げるエンターテイメント空間を生で体験してみてください。一目でファンになること間違いありません!

画像 STAR JETS

バスケ初心者必見 ポジションを知ればもっと楽しく!

バスケットボールには5つのポジションがあり、それぞれの役割や求められるスキルはさまざまです。

ポジションを理解すると選手の見どころが分かり、バスケットボール観戦がさらに楽しくなるかもしれません! 

1番 ポイントガード(PG)

攻撃のときは起点となってボールを運び、他の選手に指示を出すなどゲームをコントロールする、チームの司令塔的役目を果たす重要なポジションです。視野の広さ、ドリブルの技術、パス能力が求められます。(主な選手:富樫選手、コー・フィリッピン選手、西村文男選手、藤永佳昭選手)

2 番 シューティングガード(SG) 

ポイントガードのサポートをしながら自らも攻めるフォワード的な要素も兼ね備たポジションであり、3ポイントシュート能力のほかドリブルの技術やスピードが必要となります 。(主な選手:田口成浩選手、赤穂選手、シャノン・ショーター選手)

3番 スモールフォワード(SF)

点を取ることが主な役割で、ゴールから離れたアウトサイドからのシュートやドライブで得点し、リバウンドと何でもこなす万能的なポジションです。(主な選手:佐藤選手、ラシード・ファラーズ選手、原修太選手)

4番 パワーフォワード(PF)

リバウンドを取り、ゴール近くのインサイドから確率の高いシュートで得点を重ねることが求められます。 そのリバウンド争いに負けないような強靭なフィジカルやジャンプ力、更にはどんなに相手の選手と体をぶつけあってもめげない精神的強さが必要です。(主な選手:ジョシュ・ダンカン選手、大宮宏正選手、ギャビン・エドワーズ選手)

5番 センター(C)

ゴール下のプレー、リバウンドなど、攻守共にゴール下を支配する”ゴールの番人”です。相手のシュートをブロックする高さ、いかなる状況でもディフェンス時に周囲に指示を与える精神的強さと視野の広さが必要で、パワープレーが見所です。(主な選手:セバスチャン・サイズ選手)

チームの最新情報は、公式ホームページで!

「千葉ジェッツふなばし」ホームページ

「千葉ジェッツふなばし」フェイスブック