テレビや映画でわがまち、船橋

更新日:令和5(2023)年7月24日(月曜日)

ページID:P066508

画像

船橋市内のロケならお任せ!「ふなロケ」とは!?

東京からほど近いロケーションが特徴の船橋市は、大型商業施設や個性あふれる商店街、そして工業地や住宅地が広がる一方で、恵み豊かな干潟「三番瀬」や緑豊かな自然があふれ、まさに“都市と自然が調和した街”として、全国有数のポテンシャルが秘められた場所です。

そんな船橋市内でここ数年、映画やテレビドラマ、バラエティ番組、ミュージックビデオなどさまざまな撮影が行われているのをご存知ですか?

ふなばしロケーションズ「ふなロケ」では、市内で多くの撮影が行われるよう、積極的にロケの誘致をしています。窓口を一元化して、市内の情報提供やロケーション紹介をはじめ、取材/撮影が円滑に進むようにサポートをしているのです。
ふなばしロケーションズ「ふなロケ」ホームページ

ロケ地誘致のメリットとは!?

旅番組で市内の観光スポットや飲食店が紹介されたり、情報番組で梨や小松菜、ホンビノス貝などの特産物が紹介されたりすると、放送後に大きな反響があり、PR効果に期待ができます。

また、市内のロケ地が映画やドラマのワンシーンで使われることで、ロケ地を観光資源として活用でき、地域の活性化につなげることも可能です。“ロケ地巡り”や“聖地巡礼”などの言葉も流行っていますよね!さらに、撮影の際には、多くのスタッフやエキストラ、役者の方が船橋市にやってきます。市内で撮影することで、宿泊費やお弁当代、施設利用代などによる経済効果も期待でき、何より多くの人たちに船橋を知ってもらう絶好のチャンスです!

そんな、船橋市内で行われているロケ。一体、どんな場所でロケが行われているのでしょうか。続いては、ロケ地をランキングで発表します!

 ロケ地をランキングで発表!

「ふなロケ」では、多い時で1日に4~5件、年間350件以上ものお問い合わせを受けています。しかしながら、すべての問い合わせがロケにつながるわけではなく、施設の空き状況や映画監督のイメージ、撮影内容などを伺い、実際にロケ地の見学(ロケハン)を含めて何度も打ち合わせを行った上で、ロケが確定します。

さぁ、一体どんな場所でロケが行われたと思いますか?いよいよランキングの発表です!
 

8位 船橋市地方卸売市場

ロケ実績15

市場 市場
水産物や青果物をはじめ、精肉、加工食品、そして食堂など、多くの業者さんが出入りしている「船橋市地方卸売市場」。ここでは、フジテレビの『Chef~三ツ星の給食』、テレビ朝日『グッドパートナー無敵の弁護士』などのドラマ撮影のほか、テレビ朝日『じゅん散歩』、日本テレビ『ヒルナンデス!』などの番組にも登場しています。
 

7位 武道センター

ロケ実績25

武道センター 武道センター
第7位は、”相撲場”が大人気の「武道センター」です!これまで、ドラマのほか、再現VTRやバラエティ番組のロケ、またCMやミュージックビデオ、プロモーションビデオの撮影など、幅広いジャンルのロケが行われています。平日は空いていることが多いので、施設の有効利用にもつながっています。
 

6位 運動公園

ロケ実績28

運動公園 運動公園
市内にある運動施設の中で最も大きい運動公園。なかでも、陸上競技上や野球場は、バラエティやミュージックビデオの撮影の問い合わせが多い人気の撮影スポットです。都市近郊にありながら広大な敷地がもたらす開放感と本格的な設備がある運動公園は、ロケ地としての魅力も兼ね備えています。
 

4位 市庁舎

ロケ実績33

市庁舎 市庁舎
船橋市の庁舎で、ドラマや映画のロケが行われていることをご存知でしょうか。特徴的な外観のため、警察署や裁判所に見立てられた依頼が多いです。これまでに、フジテレビ『ストロベリーナイト・サーガ』、フジテレビ『監察医 朝顔』、映画『前科者』、テレビ朝日『相棒 シーズン21』 などの撮影で、多くの俳優やエキストラが来庁されています。
 

4位 ふなばしアンデルセン公園

ロケ実績33

ふなばしアンデルセン公園 ふなばしアンデルセン公園
1800年代のデンマークの風景を再現した「ふなばしアンデルセン公園」は、東京ドーム8個分の敷地面積をもち、常時約100種類、約5万株の四季折々の花を楽しむことができ、広大な芝生広場やアスレチック、動物たちとのふれあい、にじの池に太陽の池など、魅力的なスポットがいっぱい!ドラマや映画、CM、雑誌の撮影はもちろん、旅番組やバラエティ番組、情報番組にもよく登場しています。
 

3位 高瀬下水処理場

ロケ実績34

高瀬下水処理場 高瀬下水処理場
「高瀬下水処理場」が第3位にランクイン!ウルトラマンや仮面ライダーといった特撮やテレビ朝日『BG~身辺警護人~』、映画『Fukushima50』、日本テレビ『THE 突破ファイル』、フジテレビ『ナンバMG5』、TBS『100万回言えばよかった』 など、地下に広がる管廊を中心にさまざまな有名作品の撮影が行われています。
 

2位 ふなばし三番瀬海浜公園

ロケ実績44

ふなばし三番瀬海浜公園 ふなばし三番瀬海浜公園
2位に入った「ふなばし三番瀬海浜公園」は、東京湾に残された貴重な干潟で、晴天時の青空と水面はとても美しく、NHK『連続テレビ小説 半分、青い。』やフジテレビ『イチケイのカラス』のほか、aikoさんをはじめとしたミュージックビデオの撮影シーンで使用されています。また、展望デッキや芝生広場、バーベキュー場、野球場など、広大な敷地の中でさまざまなシーンの撮影ができるロケーションとして人気です。
 

1位 船橋漁港

ロケ実績68

漁港 漁港
もっともロケが多く行われている場所は、「船橋漁港」でした!ここでは、ドラマや映画の撮影も行われましたが、多くが「ホンビノス貝」や「スズキ」「海苔」など、船橋の水産物を紹介する情報番組や旅番組、報道番組です。

・平成28年1月~令和5年3月までを集計したランキングです。
・船橋市として把握している作品に限ります。(放送時間が短い番組や事件・事故は除く)


テレビや映画、ミュージックビデオの舞台、ふなばし。
ボタン

ふなばしロケ地ガイド

ロケ地マップ

ファイルダウンロード