※このイベントは終了しました【~1/5】“撮って楽しい”企画展が開催中です!

更新日:令和2(2020)年1月6日(月曜日)

ページID:P074661

※この記事はバックナンバーです。企画展「トリック3Dアート ーとびだす魔法の絵画ー」は終了しました。

画像
※こちらのページに掲載の写真は、全て”合成写真”ではありません!

お布団やお鍋の温かさが心地良い季節になりましたね。冬は寒さで外出が億劫になりがち。
そんな季節でも、「ふなばしアンデルセン公園」にはイベントがいっぱい!

今回は同園にある「子ども美術館」で開催中の企画展「トリック3Dアート ーとびだす魔法の絵画ー」を紹介します。
この企画展、大人も子供も”写真撮影”で盛り上がること間違いなしですよ!

企画展の特徴は「来館者が”絵の一部”になる」こと!

展示されている作品は、トリックアート(3Dアート)作家の服部 正志さんによる作品たち。

作品はどれも、人の思い込みが生む”錯視”という現象を応用した現代アート作品です。来館者が作品と”一体化”することで、目の前に不思議な世界が広がります。

見ることはもちろん、”撮る”ことも、楽しいこの企画展。お越しの際は、カメラ・携帯電話をお忘れなく!

いろんなポーズで楽しんじゃおう!展示の一部をご紹介

「そういえば、ここ最近”とっておきのポーズ”を披露してないな……」とお嘆きのあなた。
今がチャンスですよ!企画展があなたを待っています。

「戦場に向かうナポレオン」
画像

「マジシャン」
画像

「ドラゴンを防ぐ騎士」

画像

「森へ降りる」
画像

「エジプトの3本の柱」

画像

「ピエロのはしご」

画像

初めは恥ずかしがっていたあの人も、気づいた時にはノリノリでポーズを決めているかも?
みんなでトリックアートを楽しもう!

企画展「トリック3Dアート ーとびだす魔法の絵画ー」

日程

令和2年1月5日(日曜日)まで
※休館日:毎週月曜日と12月29日~1月1日

時間

午前9時30分~午後4時00分

場所

ふなばしアンデルセン公園 子ども美術館(千葉県船橋市金堀町525)
展示室1・2

料金

無料
※別途、ふなばしアンデルセン公園の入園料(同伴の保護者を含む)が必要です。

アクセス

電車・バス
新京成線「三咲駅」からバス「セコメディック病院」行きで約15分
「アンデルセン公園」下車徒歩1分


東関東自動車道「千葉北」インターより、国道16号を柏方面へ約30分(小室交差点を左折)

問い合わせ

 電話:047-457-6661(午前9時から午後5時)

ホームページはこちら