省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置

更新日:平成29(2017)年5月29日(月曜日)

ページID:P000844

二酸化炭素排出量の削減を図るため、省エネ改修に伴う固定資産税の減額措置を行っています。

減額の対象

  • 平成20年1月1日以前に建築(賃貸住宅を除く)された住宅で、平成20年4月1日~平成30年3月31日までの間に改修(工事完了)がなされたもの。

減額される額

翌年度分の家屋の固定資産税額を1/3減額(120平方メートル分までを限度) ※都市計画税には適用されません。

工事の要件

  • 次の1.の工事または1.と併せて行う2.~4.の工事。
  1. 窓の断熱改修(必須) → 二重サッシ化や複層ガラス化など
  2. 床の断熱改修
  3. 天井の断熱改修
  4. 壁の断熱改修
  • 上記の工事費用が、補助金等を除く自己負担額が50万円を超えるもの。(平成25年3月31日までに改修工事に係る契約が締結された場合は、30万円以上。)
  • 改修後の床面積が50平方メートル以上であること。

申告について

  • 必要書類 は以下のとおりです。
  1. 熱損失防止改修住宅・熱損失防止改修専用部分申告書 ( 下部でダウンロードできます)
  2. 領収証(必要に応じ明細書等)
  3. 改修工事の証明書 ( 下部でダウンロードできます)
    イ 熱損失防止改修工事証明書( 平成29年3月31日までの改修工事)
    ロ 増改築等工事証明書( 平成29年4月1日以降の改修工事)
  4. 契約日がわかる契約書の写し
  5. 補助金等の交付を受けたことを確認することができる書類(補助を受けた場合に限る)

申告期間

熱損失防止改修工事が完了後、3か月以内に資産税課償却資産係減免担当まで申告してください。

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

資産税課 償却資産係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。