乳幼児を対象とした予防接種

更新日:平成30(2018)年4月13日(金曜日)

ページID:P002454

定期の予防接種について

 予防接種法で規定されている乳幼児期(7歳6ヶ月まで)の予防接種には以下のものがあり、お子さんが生後2ヶ月になる前に船橋市の予診票などの関係書類と予診票に記載する『接種者コード』を個別に通知します。各予防接種の接種時期等を確認し、お子さんの体調の良い時に受けさせましょう。
予防接種はお子様の体調の良い時にするのが原則です。体調に不安がある時は、接種を延期しましょう。

⇒ 感染症と予防接種の間隔についてはこちら

◆『接種者コード』は、市外に転出しない限り変わりませんので母子健康手帳等に記入しておきましょう。

接種方法 

実施医療機関に電話予約の上、医療機関に『接種者コード』を記入した船橋市の予診票と母子健康手帳を持参し個別に接種を受けてください。

日本脳炎1期、MR2期の予診票については、船橋・習志野・鎌ケ谷・市川の各市の実施医療機関にありますので、そちらをお使いください。
◆接種の際は、母子健康手帳を必ず持参しましょう。(忘れると接種歴の確認ができず、接種が行えないことがあります。)
◆『接種者コード』がわからない方は、保健所健康づくり課(047-409-3836)でお問い合わせください。

転入等で船橋市の予診票をお持ちでない方へ

 転入等で船橋市の予診票をお持ちでない方は、保健所健康づくり課(047-409-3836)へご連絡いただければ、必要な予診票をご自宅に送付いたします。また、健康づくり課(保健福祉センター2階)、母子健康手帳交付コーナー (市役所1階)、 船橋駅前総合窓口センター(フェイスビル5F)、中央・東部・北部・西部保健センターのいずれかに母子健康手帳をご持参いただければ、その場でお渡しすることもできます。

◆窓口が混雑している場合には、お待ちいただくことがございますのでご了承願います。 

実施医療機関名簿≪乳幼児≫

 実施医療機関で受けられる予防接種には〇印がついています。

予防接種の種類

 乳幼児期(7歳6ヵ月まで)の定期予防接種は以下のとおりです。

予防接種名 対象・内容 実施方法 実施場所
ヒブ
[注射・通年実施]

生後2月から5歳に至るまでにある者

○接種開始年齢が生後2月から生後7月に至るまでの場合(標準的な接種)
初回接種として、27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回
※初回接種は生後12月までに完了すること。

追加接種として、初回接種終了後7月以上、標準的には13月までの間隔をおいて1回

○標準的な期間の接種を逃した場合

  1. 1.接種開始年齢が生後7月以上12カ月に至るまでの場合
    初回接種として、27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上、標準的には56日までの間隔をおいて2回

    追加接種として、初回接種終了後7月以上、標準的には13月までの間隔をおいて1回

  2. 2.接種開始年齢が生後12月以上4歳まで(=5歳に至るまで)の場合
    1回接種



実施医療機関名簿
小児用
肺炎球菌
[注射・通年実施]

生後2月から5歳に至るまでにある者

○接種開始年齢が生後2月から生後7月に至るまでの場合(標準的な接種)
初回接種として、(標準的には生後12月までに)27日以上の間隔をおいて3回接種(初回接種は生後24月までに完了。生後24月になると原則初回接種はできません。また、2回目の接種が生後12月を超えた場合、初回3回目の接種は原則できません)
追加接種として、生後12月以降に、初回接種終了後60日以上の間隔をおいて1回接種 (標準としては生後12月~15月に至るまで

○標準的な期間の接種を逃した場合

  1. 接種開始年齢が生後7月以上12月に至るまでの場合
    初回接種として、(標準的には生後13月までに)27日以上の間隔をおいて2回接種(初回接種は生後24月までに完了。生後24月になると原則初回接種はできません)
    追加接種として、生後12月以降に、初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、1回接種 (標準としては生後12月~15月に至るまで
  1. 接種開始年齢が生後12月以上2歳に至るまでの場合
    60日以上の間隔をおいて2回接種
  1. 接種開始年齢が2歳以上4歳まで(=5歳に至るまで)の場合
    1回接種
B型肝炎
【注射・通年実施】

生後1歳に至るまでの間にある者


※B型肝炎の母子感染予防措置を受けた人は除く

※任意でB型肝炎の予防接種を受けたことがある場合には、既に接種した回数分は、定期の予防接種を受けたものとみなされます。

  • 初回 2回接種
    1回目と2回目は27日以上の間隔を置く
  • 追加 1回接種
    初回1回目の接種後139日以上の間隔を置き、2回目と3回目は6日以上の間隔を置く
四種混合
(百日せき
・ジフテリア
・破傷風・ポリオ)
[注射・通年実施] ]
生後3か月から90か月(7歳6ヶ月)に至るまでの間にある者

免疫を持たない人が増えると感染症が蔓延する恐れがあることや乳幼児が百日せきを発症すると重症化することがあることから、生後3ヶ月以上の方はなるべく早く予防接種を受けましょう。
  • 初回 3回接種
    1回目と2回目、2回目と3回目はそれぞれ20日以上、標準的には56日までの間隔をおいて接種
  • 追加 1回接種
    初回終了後6か月以上経過した時期に接種
    初回接種後12月後~18月後までの間が標準的
BCG
[注射・通年実施]

生後1歳に至るまでの間にある者
(標準的な接種期間は生後5月に達した時から8月に達するまで)

※医師の判断により生後3か月未満で接種する場合、協力医療機関にある「BCG予防接種申込書」の記入が必要です。 

1回接種
MR
(麻しん風しん)[注射・通年実施]

詳しくはコチラ
  • 1期 生後1歳~2歳に至るまでの間にある者
  • 2期 5歳以上7歳未満で小学校就学1年前の者
1期及び2期でそれぞれ1回ずつ接種
2期は幼稚園・保育園年長クラスの間の4月~翌年3月末までの間に接種
日本脳炎
[注射・通年実施] 

生後6か月から90か月(7歳6ヶ月) に至るまでの間にある者
標準接種年齢は3~4歳

※平成19年4月1日以前生まれの方、または平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方は、上記期間以外でも接種可能です。 詳しくは下記2.をご覧ください。

 日本脳炎の接種対象者拡大について

1期
  • 初回 2回接種
    6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて接種
  • 追加 1回接種
    初回終了後、6月以上、標準的にはおおむね1年経過した時期に接種

水痘
[注射・通年実施]

生後12ケ月~36ヶ月に至るまで

  • 3月以上(標準的には6月から12月)の間隔をおいて2回接種

※ 既に水痘に罹患したことがある人は接種対象外です。

使用するワクチンについて

定期予防接種で使用するワクチンの説明書につきましては、下表の「ワクチンの一般的名称」をクリックしてください。「メーカー(略)」に表示されているメーカーのワクチン説明書を確認するこができます。

※他メーカーのワクチン説明書を確認するには、(独)医薬品医療機器総合機構の医薬品医療機器情報提供ホームページにて下記の「ワクチンの一般的名称」により検索してください。各メーカーが製造するワクチンの説明書を確認することができます。なお、既に接種されている場合は、母子健康手帳の予防接種記録欄、予防接種済証等にワクチンのメーカー名等が記載されています。

● 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品医療機器情報提供ホームページはこちら

使用するワクチン一覧
予防接種名 ワクチンの一般的名称 (クリックすると各説明書が閲覧できます。)

メーカー(略)

ヒブ 乾燥ヘモフィルスb型ワクチン サノフィ
小児用肺炎球菌 沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン ファイザー
B型肝炎 組換え沈降B型肝炎ワクチン(化血研)
組換え沈降B型肝炎ワクチン(MSD)
(化血研)
(MSD)
四種混合 沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ(セービン株)混合ワクチン 化血研 他
BCG 乾燥BCGワクチン 日本BCG
MR(麻しん・風しん混合) 乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン 北里 他
麻しん単独 乾燥弱毒生麻しんワクチン 武田 他
風しん単独 乾燥弱毒生風しんワクチン 武田 他
日本脳炎 乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン 化血研 他
不活化ポリオ 不活化ポリオワクチン(ソークワクチン) サノフィ
水痘 水痘ワクチン ビケン 他

各種予防接種の副反応および健康被害について

各種予防接種をした場合におきる可能性のある副反応や、健康被害が起きた場合については、こちらをご覧ください。

→ 各種予防接種の副反応および健康被害について 

特別な疾病により定期予防接種の機会を逃してしまった方へ

重症複合性免疫不全症や白血病など、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等によりやむを得ず定期の予防接種の機会を逃してしまった方は、その事情がなくなった日から起算して2年を経過するまでは公費で予防接種ができます。なお、BCGは4歳に達するまで、四種混合は15歳に達するまで、ヒブについては10歳に達するまで、小児用肺炎球菌は6歳に達するまでとなります。詳しくは健康づくり課までお問い合わせください。

(参考)該当する疾病の例(実際には予診医の判断となります)
救済される疾病の一覧

その他予防接種についてのお知らせ

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

保健所健康づくり課 (予防接種係)

〒273-8506船橋市北本町1-16-55 船橋市保健福祉センター

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。